ダブルスの前衛を徹底的に極める・コツ【バドミントン】

ダブルス

スポンサーリンク

今回はダブルスの前衛についてまとめていきたいと思います。

シングルスと違い、ダブルスは前衛と後衛で明確に役割分担があります。

競技レベルに合わせて目標とする技能をまとめて整理していきたいと思います。

スポンサーリンク

ダブルスの前衛の役割

ダブルスの前衛は後衛との連携や、後衛の攻撃の追撃などの役割があります。また、前衛と後衛に分かれている段階でトップ&バックというフォーメーションを作っており、攻撃に特化した動きになっています。そのため、前衛は必ず攻撃に携わるつもりで動きをイメージしましょう。

攻撃の展開を継続する

ダブルスはシングルス以上に攻めと守りの展開が明確であり、攻めからの展開からの方が圧倒的に有利と言えます。そのために必要な事は守りの展開を強要されないことです。相手はヘアピンのみでなくあらゆるネットプレイでこちらが下からシャトルを触るようなコース作りをしてきます。そのようなコースづくりに対して安易にロブであげてしまうと相手から攻撃されてしまいます。それをとにかく速いタッチでシャトルを触り、展開の切り替えを阻止するのが重要な役割と言えるでしょう。

攻撃の展開を継続するには少し引き気味で構える

攻撃の展開を継続することを目的とするのは攻撃の中でもやや控え気味な行動です。

先ほどの記述通り、相手に天井のライトに被るくらい見上げなければならないロブを打ち上げられたとき、相手は余裕を持ってレシーブができます。

このとき、ネット前にべったり張り付いていても、相手はドライブでレシーブする余裕があり、簡単にかわされてしまいます。

そのため、ここでの目的は後衛が攻めやすい次のロブを相手に上げさせる事です。

また、次をしっかり想定しているので前衛自らミスをするわけにはいきません。

確実にシャトルをとらえて相手を動かし、甘いロブや後衛が攻めやすいロブを上げさせることができるようにしましょう。

そのためには、少しネットから距離をとる事です。状況によってはサーブラインより1歩後くらいでもいいと思います。

ネット前にべったり構えてる人はネットから遠くて驚くかもしれませんが、あくまでも自分がミスなく確実に攻めを継続したままつなぐことが目的ですのでこれくらい引いてても問題ありません。

また、単につなぐ意識で待っていても相手のレシーブが明らかに甘くなることも想定できます。

位置的には十分後ろにいるで、動きの意識は横か前としましょう。

スポンサーリンク

後衛の攻撃のきっかけを作る

こちらがスマッシュで攻撃を仕掛けるには相手にロングを上げさせる必要があります。そのためには、こちらからネットプレイを仕掛ける必要があります。

ここでいうネットプレイは例えばドライブの展開から同様にドライブなどで切り替えすだけなく、なるべく前でシャトルを触るなどして相手のネットに落とします。

これは状況から考えて自分がはっきりと前衛にいる場合とは限らずサイドバイサイドでも同じ事です。

サイドにいる状況からネットに仕掛けて自分から前衛に入るなどしましょう。

冷静にネットに流して攻撃のきっかけを作る

これは、厳密に言うと前衛というより、前衛のポジションを作るための動作になります。

状況としてトップ&バックのフォーメーションがまだ、作れていない状態です。サイドバイサイドの状態でも同じことが言えます。

まだ、攻守が分かれていないドライブ戦の駆け引きの状態で、速いシャトル回しの展開の中で、落ち着いてネットにシャトルを流しましょう。

このときの打ち方は面をフラットに当ててもいいですし、ドライブの形からシャトルを切っても構いません。

攻守がはっきりしていないので、オーバーヘッドストロークでないことは確実だと思いますので、目線くらいの高さでやり取りしているはずです。

このときのシャトルの精度上げるコツは、姿勢を低くすることと足をしっかり開く事です。

正確な加減とコースづくりが必要な状況の中での棒立ちではたまたま上手に行くことがあると思いますが、あくまでの何気ないラリーの1シーンです。

たまたまではなく、常に精度を維持するためにもシャトルに触るときの姿勢や身体のバランスにしっかり気を配りましょう。

なるべく、手の操作でシャトルの勢いを制御するのではなく、手先はシャトルのコースのコントロールにすべてを集中、シャトルの勢いは重心で制御する意識だとうまくいきやすいです。

そして、ネットにうまくシャトルを流せたらその位置や展開にもよりますが、自分の打ったシャトルを追いかけるようにして前衛に入れば相手はヘアピンを打ちたくても正面から相手が向かってくるのでプレッシャーとなります。

相手のネットプレイを阻止する

スマッシュレシーブの展開でレシーブ側である相手はこちらの攻撃を切るためにネットに返球などで対応してきます。

これらの返球を予測して、なるべく速くシャトルに触り、繰り返し相手にロングを上げさせるようにしましょう。ここで重要なのは相手の返球を予測する事です。

相手が打ってから反応して動きだしていては対応が遅れてしまいます。そのため、相手のレシーブの動きをしっかり観察しましょう。

初見の相手ではもちろん正確に予測できませんが、繰り返し攻めの展開を繰り返す事で相手の動きの癖を見極めるようにしましょう。

相手がネットでラケットを横にしたらラケットを上げてて正面を防ぐ

相手がラケットを横にしたらヘアピンなどのネットプレイかロブの2択となります。ロブであれば後衛に任せればいいので自分は相手のネットプレイを阻止することが重要な役割となります。

へアピンを打たれたらすぐさまプッシュ、またはヘアピンが打てないくらいしっかりプレッシャー与えることができれば非常にいいです。

また、ラケットを上げると言ってもオーバーヘッドストロークをするわけではないので軽く上げておけば十分です。

このとき、相手の返球を予測していても、棒立ちでは素早い対応がでません。前かがみではなく、そのまま身体を立ててしっかり視野を確保できる状態で迎え打ちましょう。

後衛の攻撃から得点する

後衛のスマッシュが1本で決まるとは限りません。相手のレシーブに対して単に攻撃を継続するのみでなく余裕があれば積極的に攻めましょう。

スポンサーリンク

攻めの継続も大切ですが、いつまでもつないでいたら後衛の体力が持たなくなってしまいます。相手のレシーブが甘かったり、自分に余裕があれば積極的にネット前スマッシュやプッシュなどと使い得点をしていきましょう。

シャトルは前で触って角度をつける

後衛でのスマッシュのレシーブが甘くなり前衛もスマッシュが打てるとき、重要なことは角度をつけて打つことです。

つい、チャンスだと思って力みすぎてしまい、ロングアウトをしてしまいます。また、できるだけ角度をつけることで相手の足もとにスマッシュが打てます。

足元のスマッシュはレシーブしづらいので場合によってはスピード重視で打ち込むよりも得点できる可能性があります。

そのために、自分の身体よりも前でラケットをスイングしましょう。ネット前スマッシュがロングアウトしてしまう人は、身体が正面を向いて近くでラケットを振っています。

足をしっかり踏み出すか腕を前に出すなどして、チャンスに慌てず落ち着いて角度を意識して打ち込みましょう。

立ち位置を工夫してレシーバーにプレッシャーをかける

例えばサイドからストレートにスマッシュを打った場合の前衛の位置でですが。前衛が中央に寄りすぎているとレシーバーの正面がガラ空きになってしまい、レシーブのする側からしてみれば正面に触って落とすだけでシャトルを下から触らせることができるようになります。そのため、レシーブにプレッシャーを与える意味でもサイドからスマッシュをストレートに打つ時は同じサイドに寄って相手の返球のコースを限定させてしまいましょう。

相手のレシーブの狙いを予測して立ち位置を変える

レシーブのコースの打ち分けは上級者になると多彩になります。しかし、初心者はまずは正面しか返せません。

そして、中級者になるとクロスへレシーブが可能になります。立ち位置についてあまり考えがない人は前衛の真ん中にいます。

例えば、お互い初心者同士ならレシーブの正面に構えてみましょう。レシーブでクロスカウンターが打てるようになったくらいの相手は大概、フォアからのクロスであるかと思います。

相手の動きをよく観察すると大体フォア側に大きくスペースを空けて大きくフォアで構えています。

レシーブがクロスを打ちたがっている察知したら、中央寄りのクロスを警戒した位置取りをしましょう。

上級者になると基本的に常にレシーブの正面で警戒します。クロスにカウンターを予測しても位置を変えるのではなく素早く動いて追いつくという考え方になります。

レシーブのカウンターを阻止する

レシーブは守り続けるのではなく攻撃に転じたいと考えています。そのため、積極的にカウンターをしてくる可能性があります。

カウンターは打ち方にもよりますが、ストレートをクロスにカウンターする場合正面から飛んでくるシャトルにたいして横からラケットを入れなければなりません。

すると、相手のレシーブの打ち方はストレートに打つ場合よりテイクバックのフォームが違うはずです。

相手に打たれる前にラケットの引き方やテイクバックの動きを見て早い段階でクロスカウンターを予測し素早く動き出しましょう。

少しでも早く動き出せれば相手のカウンターを阻止できますし、場合によってはチャンスを継続できるかもしれません。

カウンターは打たれるのではなく打たせてしまえば怖くない

相手のレシーブ力にもよりますが、カウンターを積極的に打つ相手だと露骨に狙いに来ます。しかし、その反面構え方から、その狙いが読めることが多くあります。

先ほどの記載の通り、フォア側を大きくスペースを空けていたりフォア側に重心を傾けているのがわかります。そういった相手にあえてフォア側に打つことをしてみてもいいと思います。

相手はクロスを打つという事は、カウンターを打った本人はすぐに動きだせずもう一人が広く守る状態になります。

こちらが、相手にカウンターを打たせて前衛が先回りして反撃でこちらからカウンターができれば決定打になります。

また、数回繰り返せば相手もカウンター自体を打ちづらくなります。このようにして、相手のカウンターを警戒するのではなくいっそ打たせてしまえば相手の狙いを効果的に活用できます。

ここで重要なのは、自分がペアとしっかり連携をとる事です。後衛が最初に相手のカウンターができる位置に攻撃することが必要です。

好き勝手にコースをここに打ち分けては連携が取れないので話合いをしましょう。

ダブルスの前衛を上達するコツ

ダブルスは速い展開が特徴です。相手の動きから予測するだけでなくペアが打つスマッシュの傾向などをしっかり把握することが重要です。

また、シャトルを触るのは常に速く高い位置でシャトルに触り、相手からは下でシャトルを打たせることです。

また、ラリー中のコースは不用意にクロスを多用するのではなくストレートでの打ち合いに勝てるようになると、強さとして安定します。

最初のうちはお互いにクロスの対応が弱いのでクロスを多用しがちですが、こちらが打ったクロスしっかり返球されるとどうしても守りが弱くなります。クロスの使いどころは見極められるようにしましょう。

初心者の場合はまずミスを恐れずラケットを出してみる事から始めましょう。ダブルスを始めて間もないころは前衛は前にいるだけになってしまって、シャトルを触ろうとしません。自分の上をシャトルを飛び交うので恐怖心があるかもしれませんが、しっかり顔を上げてシャトルに対してまずはラケットを出してみましょう。

中級者はシャトルに対して深追いしがちな傾向にあると感じます。ある程度シャトルに対して慣れが出てきて今度は手当たり次第にラケットを出すようになります。

例えば、少し高い軌道のシャトルに手を出して振り遅れことがありますが、いっそ後衛に任せた方がいい場合が十分に考えられます。

1回のミスで1失点となってしまう以上は、前衛に慣れてきたら今度はミスを減らすことを考えるようにしましょう。

自分に手に負えないシャトルには手を出さない勇気のようなものも必要な気がします。僕が指導していて、前衛を頑張っているのに上達しない子の特徴で前衛に責任感が強すぎ、一生懸命になりすぎてミスが重なる場合があると思います。少し気持ちをラクして、視野を広く持つことが大切な気がします。

スポンサーリンク

コメント