バドミントンのフットワークを速くする

バドミントン技術

スポンサーリンク

今回は、バドミントンを上達する上で最も重要なフットワークの内容です。

初心者の頃は、フットワークさえ最高に速ければ、仮にスマッシュが超絶遅くても、コントールが壊滅的でもどうにかなりますし、上級者になるにはフットワークは必須です。

今回は、そんなフットワークのコツをご説明します。

一言にフットワークを速くすると言っても必要な情報が人それぞれです。

例えば、僕よりも達者な方がフットワークに悩んでとりあえず調べてみる場合や、バドミントンを始めて間もない学生が調べている場合では必要な情報が異なります。

きっと後者が多いですかね。

基本的にある程度レベルがあって、さらに上を目指す方はきっと他のサイトのはめ込み動画を見て解釈し、マネるのがいいと思いますので、ここでは初心者を対象にフットワークを速くするにはどのように考え、足を運んでいけばいいのか解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

これまで出会ったフットワークに課題を持った教え子たち

1歩目からフットワークを始めていますか

フットワークは、可能な限り少ない歩数で動くのが理想的です。

これは、女子に多いのですが1歩目が特に小さくなる傾向があります。

最後の1歩を大きく出すのは届かないシャトルを必死で手を伸ばして取る感覚の一連で自然と身につくものです。

しかし、最初の1歩は明らかに少しでも速く足を運ばなくてはいけない状況でも小さいままです。

これは、普段から1歩目を意識していないために素早く足が出ません。

また、1歩目を速く出すコツは姿勢を腰から姿勢を低くすることが重要です

姿勢を低くすると、脚がしっかり出ない選手は単純に脚力不足です。

脚力といっても、ふくらはぎや、太ももの筋肉ではなく足を上げる腸腰筋という筋肉の弱さに問題があります。

ジャンプなどのトレーニングで鍛えましょう。

また、膝を曲げて腰を低くする姿勢自体ができない場合は太ももの筋肉が弱いためです。

つま先でピョンピョン・フラフラしていませんか

つま先だけでフラフラしながらフットワークをしている場合があります。

フットワークとは進行方向に重心を崩すことで加速します。

僕は昔、加速とはちから一杯地面を蹴ればいいのだと思っていたのですが、経験を積むにつれ不自然な力みがなくなってきました。

その経験を踏まえて考えると、つま先で上体を浮かせてあえて不安定な状態でフットワークをすることはあまり間違っていない部分もあります。

そういった選手は実際に、フットワークのスピードはある程度あるので遅い印象は受けないこともあります。

フットワークの速度はあるのですがネット前で身体が崩れていたり、後からのショットが不安定でコントロールが乱れがちだったりします。

または、動作の切り替えしに時間がかかります。

こういったタイプは身体を全体的に低く構えてシャトルを打つ前に安定感を与える必要があります。

しかし、簡単に腰を落すように伝えても難しい場合があります。最大の原因は脚力がないことです。

このような選手はつま先でフットワークをし足が細い(筋力が少ない)傾向にあります。

筋力が少ない中でフットワーク速度を上げるために工夫した結果、つま先でフラフラするようなフットワークに行きついたのだと考えます。

不安定なフットワークのまま安定させずにスイングするとショットも不安定になります。

このような選手の場合は太ももの前である大腿四頭筋や太ももの後ろのハムストリングスを鍛える事が重要です。

また、これら太ももの筋肉を鍛えるのに効果的なトレーニングはスクワットが非常に分かりやすくて簡単です。

スクワットでも、膝を前に出すようなスクワットは大腿四頭筋が重点的に鍛えられます。

スポンサーリンク

お尻を後ろに出すようなスクワットはハムストリングスが特に鍛えられます。

どちらにせよ背中が丸まらないように気をつけてやらないと、腰を痛める原因になります。

また、トレーニング効果そのものも薄れてしまいます。

スポンサーリンク

半身でフットワークをしていますか

フットワークは半身でするものです。

これが、最初の頃はなかなかできないと思います。

必ず利き手側の足が先頭で動きます。

右利きなら右手ですね。

例えば、右利きの人がシングルスでフォア側のネットに移動した場合、半身になっているとヘソの向きは左斜め前になります。

だいたい反対側の支柱にヘソが向いている状態です。

これが半身になれていないと、ヘソの向きが右側の支柱をまっすぐ向いてしまいます。

半身になれていないフットワークはもはやフットワークとは呼べず、ただ走っている状態です。

ちなみにバック側のフットワークで半身になる場合は背中が相手に見えるくらいしっかり身体を回しましょう。

あくまでも見えるくらいで背中を向けるという意味ではありません。

疑問に感じる方もいるかもしれませんが、フットワークでは半身にならなくてはいけないのでしょうか。

最大のメリットは安定性だと感じます。

バドミントンの動作では常に安定性が求められています。

通常の走る動作だと上下のブレと骨盤の回旋が合わさってしまうため安定して動きまわれません。

動作速度に関して言えば、バドミントンのコート内の距離であれば十速く動けるというのも理由です。

さすがにバドミントンのフットワークで100mは走れるわけがないので1歩~3歩以内に限り半身で素早く動きまわれます。

他にも、最後は前後に足を開いたランジの姿勢でスイング動作に移ります。

このとき、最初から半身の状態でないと腰が大きく動いてしまいます。

最後のスイング動作へスムーズにつなげる目的も担っています。

フットワーク中の上下のブレを抑えられていますか

初心者程フットワーク中に頭が上下にブレてしまいます。

ダブルスなど速い展開ではこの上下のブレはミスに強い影響を及ぼします。

この上下の身体のブレは腰が高いフットワークをしているほど強くなります。

そのため身体が上下にブレないためにも腰を低くして安定させる必要があります。

また、利き足を大きく出すランジの姿勢の時に、それまで腰が高いと大きく視点が下がりながらスイングをすることになります。

ランジの最後の1歩を出す直前から十分姿勢を低くすることを心掛けましょう。

移動中に骨盤の向きが変わってしまう

あまり意識するする人は少ないかもしれませんが、骨盤の向きが変わるとスムーズな動作になりません。

例えば、フォア側のフットワークで最後の1歩の直前で左足を右足のそばまで寄せます。

このときに左足が右足を越した位置に足を置いてしまうと、その分だけ骨盤の向きが変わってしまいます。

骨盤の向きというとピンと来ないかもしれませんが、ヘソの向きと言い換えるとわかりやすいかもしれません。

ネット前でのランジの姿勢は半身になるようにと上で記載しましたが、その向きのままになるように直前の1歩も足を運びましょう。

先ほどと同様になってしまうのですがフットワークは半身になって行うものです。

右足を左足が前側で足の置く位置が越してしまうと半身が崩れてしまいます。

これでは、半身ではなく通常の歩行と同じになってしまいます。

フットワークとしての半身を崩すことなく同じ向きのままフットワークを行う事でブレの少ない安定した動作が可能になります。

これらの注意事項を丁寧に実践する事で、速い動作、ミスのすくないフットワークに上達していきます。

スポンサーリンク

コメント