蒸し暑い!!暑い中でのバドミントン熱中症対策!!

バドミントン雑学

スポンサーリンク

真夏のバドミントンって尋常じゃないくらいあついですよね。

部活やジュニアで生徒を指導しているので熱中症にはいつも気を付けているのでまとめて行きたいと思います。

スポンサーリンク

バドミントンが熱中症になりやすいわけ

バドミントンは本当に熱中症という意味ではかなり過酷な環境で練習をしています。

他の競技と比較したときにまだマシなのは屋内なので直射日光を浴びない事でしょうか。

直射日光を浴びていなくても屋内では空気が滞ってしまうので注意が必要です。

バドミントンでは換気ができない。締め切る。

卓球も同じ理由で換気ができませんが、バドミントンは締め切って練習をします。理由は空気が流れてしまうためです。空気が流れてしまうとシャトルが当然流れてしまうので締め切らなければなりません。

空気の入り方によっては開けていい体育館もあるかもしれませんが基本的には締め切って練習をします。しかし、風が多少入ってきても影響が少ない体育館でも、窓やドアを開けておくと眩しい場合があります。夕方の練習では西日が強いと床や壁に太陽光が反射してシャトルが見えなくなってしまいます。

これらの条件の縛りがあるために締め切った熱中症になりやすい環境で練習することになってしまうのです。

バドミントンの練習中、締め切る事で湿度が上がる

練習中締め切ることで、徐々に湿度が上がっていきます。この高い湿度が熱中症を加速させてしまいます。湿度が高くなるといくら汗をかいても身体が冷やされません。この状態のまま長時間練習すると体力が消耗してしまいますし、熱中症になってしまいます。

湿度を下げる方法は、定期的に練習を中断して換気するとです。湿度は空気によるものなので空気を入れ替えればある程度落ち着きます。

しかし、換気によって湿度が下がると言ってもあくまでも外気と同じくらいになるだけなのでそれによって熱中症を完全に予防できるわけではありせん。

多少マシになる程度だと心得てください。

バドミントンの練習中気を付ける熱中症の症状

バドミントンの練習中に気を付けなければならない熱中症の症状を紹介します。これらの症状が現れたらしっかり休憩してください。

あと、僕の経験則ですが熱中症になる子は練習を始めた直後に自覚的に違和感を感じているそうです。程度が軽い順に紹介していきます。

バドミントンの練習中のめまいやほてり

あまりにも暑いと逆にほてり等は分からないと思います。というか全員がほてった状態で練習しているようなものなのであまり参考にならないかもしれませんが、めまいは重要な指標です。症状のでかたは人それぞれですが、この初期症状のめまいが現れた人はある意味ラッキーかもしれません。というものめまいを通り越してもっと症状が重いものから症状が現れる人もいるからです。めまいは身体の異常としてわかりやすいのですぐに練習を中止して、一休みしてから再開することがないようにしましょう。

バドミントンの練習中の筋肉のけいれん

筋肉のけいれんというとわかりづらいかもしれませんが、足がつる等の症状です。なぜ、熱中症と筋肉のけいれんが関係しているかというと、体内のミネラルの問題です。急激に汗をかき過ぎた影響で、毛穴から本来だと身体の外に出したくないミネラルを必要以上に出してしまうのです。そこに必要なミネラルを水分と一緒に補給できればいいのですが、水やお茶だとどんどん体液が薄まり、筋肉が正常に機能しなくなってしまいます。

熱中症でなくても筋肉のけいれんは起こりますが、暑い環境での筋肉のけいれんは警戒して運動を中止する判断が必要になってきます。

バドミントンの練習中のからだのだるさ吐き気

僕の経験でもここまで一番悪化した例です。僕ではなく生徒ですが、明らかに顔色も良くなくすぐに休ませました。30人近くを常に監視できないので、早くにこちらから気が付ければ良かったと思うのですが、全員が汗だくでやっているので一見するとみんな熱中症とすら見える環境です。

ちなみにその子は顔が火照っているというよりむしろ青い状態だったのでこちらに近づいてくる段階でわかりました。このときは他の初期症状が一切無く吐き気から始まりました。

もしかすると熱中症とは関係なく元々具合が悪く、環境によって悪化したのかもしれません。

バドミントンの練習中の汗のかきかたがおかしい

おかしいとは、具体的とめどなく汗が出ている状態、またはまったく汗をかかなくなる状態だそうです。

汗をかかなくなる状態は少しわかりずらいかもしれません。特にここまでの初期症状とセットで汗もかかないのだと状態の深刻さを痛感しますが、この症状から始まって次のステップに行かれたら少し怖いと感じます。

ちなみにとめどなく汗をかくというのは、あまりにも普通というか練習中はその状態が普通になってしまうので、ある意味参考にならない症状だと感じます。

しかし、進行度合いで言うと4番目なので違和感があればすぐに休む必要あります。

スポンサーリンク

バドミントンの練習中、体温が高い、皮ふの異常

この体温が高いというは40度近くの事を言うようです。40度というと命の危険があるような体温です。僕はこの状態を見たことがありませんが、ここまでいくと本人の状態はどのようになっているのか、その表情は完全にうつろでまともなプレーができているとはとても思えません。

スポンサーリンク

皮膚の異常とは、例として、赤く乾いているそうです。ここでいう皮ふが赤いというのはそれこそ完全に真っ赤という状態でしょう。乾くというのはもはや汗は出ていないためだと考えられますが、そこまでは汗がかけていたのだとしたら急にその状態になったときに皮ふの乾きを観察できるか疑問があります。

どちらにせよ、この状態は命の危険がすでにあるかと思われます。すぐに休ませましょう。

呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない、水分補給ができない

完全に危険な状態です。

しかし、この状態になるのはあまり考えられないと思います。というのも競技の性質上、一人で運動をするという事はとても考えられません。例えば、マラソン大会など周りに人がいても限界まで追い込んでしまう。そして周りの人も限界の瞬間まで止められないという状況なら運動中でもあり得るように思います。

練習中である以上はお互いに目の届く範囲で活動をしています。常に引率ができない状態でも生徒同士がお互いにお互いの状態に気配りができていれば重症になる前に気が付くはずです。

バドミントンの練習中に熱中症になってしまったら

理想は熱中症にならないことが理想ですが、仮になってしまったら適切に対処しましょう。

しっかり休む、その日の練習はやめる

当然、まず休んでください。ここで気を付けなければならないのが症状がしっかり落ち着いたらその日は帰ることだと思います。

あまりスポーツをしない人だと理解できないかもしれませんが、その部分の指導をしておかないと症状が落ち着いたら練習に合流しようとします。実際、帰りたがらないです。

僕は自分で熱中症になった経験が無いのですが、学生の頃だったら、めまいがしたくらいなら少し休んで練習に合流しようとするはずです。精神論ではないのですが、普段から身体を酷使しているので、ある意味からだの不調に対して鈍感だったり、やれるところまでやってみるくらいの気概がなければ強くなれないと考えます。

そして、意外とその日の練習は体調が戻ったまま異常なく終えられてしまうものです。このような経験が重なり、少しくらいのめまいなら大丈夫、少しくらいだるさがあっても大丈夫となってしまいます。

そして、重篤な症状まで進行してしまうリスクが高まってしまうのです。そうなる前に指導者はしっかり帰らせることが重要だと、立場が変わった今はそう感じます。

練習時間がそのまま上達につながるわけではないですからね。

からだをしっかり冷やす

からだを冷やしましょう。よく氷嚢で脇の下や鼠径部(足の付け根)を冷やすといいと言われていますが、状況によってはベストではありません。というのは自立神経の関係です。熱中症のレベルが吐き気だったら今の方法で急激に冷やす必要がありますが、緊急性のない状態だったら手のひらを水に浸したり冷たいタオルを顔や首に当てるのがいいと言われています。

氷嚢で脇の下や鼠径部が良いと言われる理由は大きな血管が通っているためです。大きな血管を直接冷やすことにより、体の深部体温を急激に冷やす方法です。しかし、体も精密に作られているので暑くて熱をひたすら拡散しようしているところに急に中から冷やすと混乱してしまうようです。(自立神経に負荷がかかる)例えば、サウナの後に水風呂に入るのも暑いから冷やす行為ですが、サウナの方は前提として健常です。

熱中症になっている状態では体が疲弊している状態なので緊急性がなければ強引に冷やさない方がいいようです。

暑い時に10度くらいの少し冷えてるくらいの濡れタオルを渡されるとほっぺたに当ててみたりしたくなりませんか。水道で手を洗うとき冷たくて気持ちいいですよね。そのくらいが身体としてはちょうどいいようです。暑いと体表まで血管の血液が行き届いていて熱を外側に出しているので、ゆっくり深部体温を落とせます。あくまでも緊急性がない時や予防ということですが。

脱水対策用の飲料水、タブレットを食べる

最近は、熱中症対策用の経口補水液がありますよねOS-1です。試しに飲んでみたことがありますが素直にまずいと感じました。しかし、不思議な事に脱水状態になると美味しく感じるこうなのです。体が欲しているということでしょうか。

ほかにも、塩分タブレットがあります。正確な商品名は分かりませんが、ラムネのようなやつですね。ミネラルの補給は食べてすぐに吸収されるわけではないので、事前に摂取しておくようにしましょう。

バドミントンの熱中症の予防方法

一番重要なのは、熱中症にならないことです。もちろんなってしまえば仕方がないのですが、なるべく自己管理をしっかりして熱中症にならない体調管理を行いましょう。

しっかり寝る・休む

蓄積した疲労感はあらゆる体調不良の原因になります。この時期は熱中症予防という意味でも練習以外の時間はしっかり休んで早く寝るようにしましょう。

練習以外の時間、冷房の強い場所にいない

日中寒い場所にいて、急に暑い場所で運動すれば当然具合が悪くなってしまします。自分のさじ加減でどうにもできない場合もあると思いますが、なるべく温度差が強くなりすぎないようにしましょう。

具合が悪くなる前にマメに休む

具合が悪くなって練習を中断するよりは合間にしっかり休んで継続した練習ができた方が効率は良いです。頻繁に練習を中断すると練習のリズムが作りづらい部分があるとは思いますが、休憩の計画をしっかり立てた上で練習を行いましょう。

以上になります。

暑さに負けず練習に励みましょう。

スポンサーリンク

コメント