サーブレシーブの基礎・返球コース徹底解説【完全版】

サーブ

スポンサーリンク

今回はサーブレシーブについての記事を投稿したいと思います。

相手がサーブを打った一本目をどのように有利な展開にもっていくかは試合を進めていく上で最も重要な要素になります。

また、サーブのレシーブが得意であれば相手の連続得点を高い確率で阻止できる。つまり、勝利に確実につながることになります。

サーブのレシーブは基本的にダブルスに限って話されることが多いと思いますが、ここではシングルスのレシーブについても少し言及したいと思います。

スポンサーリンク

シングルスのサーブレシーブ

シングルスは、情報量としても少なくなりそうなので先に触れておくことにします。

まず、シングルスで使われるサーブにはフォアからのサーブとバックサーブで別れる点が特徴で、女子はフォアが多く男子ではバックが多いです。

女子に関しても競技レベルが上がる事によってバックサーブを多用するようになります。

シングルスのロングサーブからのレシーブ

サーブからの返球をすべてレシーブというと不自然ですが、サーブリターンなどとその都度言い方を変えると記事内の用語が統一されませんのでご了承ください。

さて、シングルスのロングサーブは高いサーブと低いサーブで対応が大別できます。

シングルス、フォア高いロングサーブの対応

シングルスで高いロングサーブを打たれた時、余裕を持ってオーバーヘッドストロークを打てるわけですから全てのコースに返球の余地があります。

ここで重要なのはコースの配球に偏りを作らない事ではないでしょうか。

無難にクリアから毎回初めてラリーを制していくつもりならそれでもいいかもしれませんが。

初球からカットやスマッシュで攻撃的に攻めたい場合、試合の序盤から自分の得意ショットを積極的に使いすぎると、相手に攻撃のリズムが読まれやすくなります。

そうなると試合終盤になって、ここ一番で1点欲しい場面で相手にカウンターを受け、流れを大きく持っていかれるリスクにもなります。

初球から攻めたい人ほどあまり配球に偏りを作らず、クリアからの展開を少し多めにしてみる。

スマッシュでも緩急を使う。カットもあえて球足が伸びるように打つ。

など、コースそのものだけでなく質も工夫して初球から確実にラリーを始められるようにするといいと思います。

シングルス、フォアからの低いロングサーブの対応

シングルスで低くて速いロングサーブは対応が遅いとサービスエースになってしまいますが、素早い攻撃でリターンエースを狙えます。

それを踏まえて、相手が低いロングサーブを使用してくる場合は、相手のフォームを確認しましょう。

多くの場合高いロングサーブと低いロングサーブは打ち方が違う場合があります。

もちろん、サーブを打つ側は分かりづらくする工夫は当然しているかと思いますが、高いロングサーブの場合は下から打ち上げるために少し高い打点になる傾向と強く打つためにテイクバック時、重心移動や身体を大きくしならせている可能性があります。

対して低いロングサーブは、全体の動作が小さくなる傾向があります。軌道が低いためと強く打つ必要がない為です。

相手の打ち分けの違いを把握して対応することが、こちらが素早く対応するには重要です。

そして、相手の低いロングサーブに対して速い対応ができた場合は積極的に攻めていきましょう。

相手として、ラリーの流れがない分こちらの返球は読みづらいはずです。スマッシュやカットなど普段より効果的に決まります。しかし、その返球も一辺倒にならないようにする必要はあります。

スポンサーリンク

シングルス、バックショートサービスの対応

男子の場合はショートサーブからのラリーが圧倒的に多いです。

だからこそ、ショートサービスからのレシーブを徹底的に研究していく必要があります。

ショートサーブのレシーブの特徴は下から触らなければならない点です。その反面ネットから近い位置で打つため、下から打つものの、積極的に攻めることができるという点です。

このバックからのショートサーブのレシーブの第一選択はヘアピンです。そのため、男子シングルスは圧倒的にヘアピンが多いので、強くなるためにはヘアピンの精度の向上は必須ともいえます。

また、ヘアピンの打ち方が一定になりすぎると相手がプッシュで突っ込んできたり、速いタッチでロブを打たれたりします。そのため、ヘアピンからの立ち上がりは多いもののロブとわかりづらいような打ちかたなどを工夫する必要があります。

ヘアピンをロブのような打ち方、つまり、あえてロブを打つようなテイクバックを作ってからヘアピンを打つことはあまりない状態なので、ロブを打つ時にヘアピンのようにテイクバックをなくして打つようにしましょう。

それでは、ショートサーブのレシーブからのロブに言及していきます。ロブと一言に言ってもロブの高さを変えて打つ必要があります。

高いロブでサーブリターンをする

高いロブからのリターンは最も無難な選択枝と言えます。相手が直前までサーブのポジションにいるため大きく動く必要があります。

そのため、スマッシュやカットなど攻撃的なショットを打つ場合でも、相手のシャトル下への回り込み方から返球が読める場合があります。

そのため、高いロブを打ち上げたとしても相手の返球は攻撃とは限らずハイクリアなどでつないで相手からも無難なラリー展開で返される場合があります。

しかし、大きく上げるという事は相手が攻めたいと思った時、積極的に攻める精神的な余裕を常に与えることになりますので毎回、大きく上げることで無難にラリーを開始できるという意味ではありませんのでコースが一辺倒にならないようにしましょう。

低いロブでレシーブする

ここで言う低いロブとは、ほとんどドライブのような軌道のロブです。

相手がサーブ打ったと同時にシャトルに飛び込んで素早く相手が触れないようなコースづくりやスピードでエースショットを狙っていきましょう。

このショットで注意しなければならないのが相手に途中で触られてしまう点です。このとき相手が触ったときは奥に押し込むようなロングの返球をします。

こちらがロブを打つ瞬間は重心が前ある状態から途中で触られてロングで返球されると、急にこちらは前から後に切り返さなければならないので負荷があり、いい展開とは言えません。

低いロブを打つ時はラケットを前に出して打つはずなので同じフォームからヘアピンを打つなどして、相手から球種を読まれて先回りされないようにしましょう。

中間の高さでロブを打つ

レシーブからの展開としては、攻めでも守りでもない無難なラリーの始め方となります。この形から特別注意するとはありませんし、特別有利になる事もありませんが、ショットの軌道自体に多少高さがありますので、何度も同じコースに打って相手に読まれないようにしましょう。低い軌道よりも高さがありますので相手に読まれて素早く回りこまれると、中間くらいの高さがあるとスマッシュを打たれてしまいます。相手がギリギリで追いつくくらいならいいのですが、ラウンド側からクロスを打ち分けることができるくらいのレベルだと、決して無難な立ち上がりとは言えずヘアピンを多く組み込まないとロブ自体にリスクが多くなってしまいます。

ダブルスのサーブレシーブ

ダブルスのサーブレシーブはサーバーとレシーバーがお互い近い同士でやり取りを行うので駆け引きがシングルスより重要で複雑になります。

ダブルスのサーブレシーブの構えと位置

ダブルスのサーブレシーブに関しては最初の構えからまとめて行きます。まず、立ち位置です。初心者程サーブラインから後ろに立つ傾向にあります。それは、もちろん相手のロングサーブの対応に不安があるからです。しかし、理想はサーブラインのギリギリまで前で立つのがベストです。横の位置は中央よりは半歩外側がちょうどいいと思います。
構えに関しては、しっかり腰を落とすことをまず意識してください。サーブレシーブはネット前で繊細なシャトルさばきが必要になります。その時、視線のブレがミスの原因になりがちです。相手がショートサーブを打ち、それを迎え撃つときこちらは一歩踏み込みます。このとき上体が高いと踏込みと同時に視線が上下してしまいます。事前に腰を落として、足を水平にスライドさせれば余計なブレを作らずに一歩を踏み出し、ラケットを出すことができます。

ダブルスのショートサーブレシーブはどちらの足を出すのか

この部分はあくまでもサーブラインギリギリで構えている状態に限った話になります。後ろに構えて2歩以上足を動かす場合はあまり深く考える事ではなくなります。少しでも速くシャトルに触れるには、相手がサーブを打った瞬間どちらの足を出せば少しでも早くシャトルに触ることができるのでしょうか

左足の場合

僕が高校時代コーチには左足を出すように言われました。理由はレシーブの構えの姿勢が左足を前に出しているためにそのまま左足を出した方が速いという理屈でした。現在でもとりあえず早く触れるのは左足だと思っています。左足をだす場合は無理に足を出そうとしなくても左足をそのまま上げれば自然と左足が前に出るために落ち着いてシャトルを触ることができます。しかし、欠点としては動作として勢いがないために強くプッシュレシーブにいけない事です。そのため、ヘアピンを打ったりハーフに流したりするにはいいかと思います。

右足の場合

右足を出す場合は右足を引き付けるスピードが鍵となります。もともと、高校時代のコーチの説明では右足を出す場合、右足~左足の距離がそのままロスとなってしまうというのが理屈でした。それだったらすでに前にある左足を直接前に踏み出した方が速いだろうと。しかし、右足を出せば当然右半身はついてきます。すると騒然右肩もついてきます。右肩ごと前に進んでいるということは、ラケットは当然前に出ています。結果、左足~右足間はロスであるというアドバイスが間違いであったことは後になって気が付きました。そうなると、右足を出した方が後ろの足から前に強く蹴りだせるので速く動けます。しかし、速く動く分視線はぶれやすいですので繊細なコースづくりは至難となり、プッシュ系のショットに頼ることになると思います。

双方のこれまでの話をまとめて比較

左足を先に出すと位置的な問題で早く触れます。素早く小さく一歩踏み出すだけで十分なのと上体を前にひねると十分ネットギリギリまでラケットが届きます。右足を先に出す場合速く動けますが、強く蹴りだせる分動作が安定しきれない側面があります。
左足を先出すときは特に時間的な意味で早く、右足を先に出した場合は物理的な意味で速いレシーブが得意となりそうです。

ロングサーブの対応

ダブルスのロングサーブの対応の問題は非常にシビアと言える問題です。特にサービスラインの直前で構える人はどうしてもロングサービスに弱くなってしまいますし、ロングサービスの対応ができなければサービスラインギリギリで構えることができず、サーブラインから少し下がっていては駆け引きが十分にできなくなってしまいます。

スポンサーリンク

ロングサービスを意識した構え

ロングサービスが苦手な人は、重心を少し後ろにして構えてみてはいかがでしょうか。重心を後ろにしておくと前への移動が少し遅くなってしまいますが、後ろの対応は速くなります。このとき重心を後ろにすると言っても上半身をのけぞるようにして重心を下げるのではなく、腰元から重心をうしろにさげるようにしましょう。そうすれば、相手から見たときに重心を後ろにしていることをわからなくできます。

フォア奥のロングサーブの対応

フォア奥にロングサーブを打たれた時の対応です。基本的に3歩と考えます。右利きの場合、右・左・右です最初の一歩は大きく出せないため、進行方向に正確につま先を向けることを意識してください。2歩目はつぎ足なので右足に近づけます。個人的にはしっかりクロスしない方が、フットワーク全体が安定する気がします。最後の一歩はとにかく大きく出してシャトルを打てる位置まで一気に近づきます。ここで重要なのは、構えの段階で重心が高いと、最後の一歩は大きく出すので重心が大きく下がります。このときの重心の上下は返球の精度に悪く影響するのでサーブレシーブの構えの段階から重心を下げて水平に足を運びましょう。

バック側のロングサーブのレシーブ

バック側はフォア側より対応がシビアになります。理由は一般的にラウンドでの対応になりますが、完全に頭上を通過されてしまえば追いつけない場合が多いという事です。上級者になると、シャトルが頭上を通過してラウンドで取れないと思ったらそこからハイバックの形で入りその低い打点からドライブで打つことが可能ですが、そういったことはできないものとして進めます。ラウンド側に足を大きく運ぶのは難しいのでサイドの奥に打たれたら継ぎ脚をして飛びつき、または構えの状態から一発で飛びつきが一番説明が速い気がします。しかし、それも身体能力が高くないとできない事なので万人向けではありません。

もう少し身体に優しい動きは、後ろにある右足を大きく下げてその右足を軸にして左足をさげながら飛びつきでスイング動作をすると速いです。オーバーヘッドストロークは身体が反時計回りで回ります。基礎では右足を出すような言われ方をしていますが、左足を後ろに引く動作でも十分軸回転の力を作れます。この対応のコツは一歩目の右足をだいぶ大きく引くことです。実質まともに1歩しか動いていないでその分大きく動かなければなりません。しかし、左足を引きならのスイングは動作として重心が前に行かない分、完全にシャトルより後ろに回り込まなくてもしっかり打てます。

ここまでの動作ができない場合は、もうシングルスのラウンドのつもりで3歩のフットワークをするしかないです。しかし、やはり3歩のフットワークはスピードに欠けるので、可能なら2歩で追いつくようにするのが理想的です。しかし、2歩で追いつけるようになるには結構な身体能力が必要です。日々の部活などのトレーニング量にもよりますが、女子だったら未経験の状態から部活を始めて、1番強い子が引退までにこのレベルに到達できるのではないかというイメージです。

どちらにせよ、ここができなければサーブレシーブの位置を後ろに構えなければならず相手にサーブを打つプレッシャーを与えることができません。ダブルスはサーブとサーブレシーブそしてその返球の3本目でラリーのほとんど決まると言われています。そのため、ダブルスの2本目であるサーブレシーブに求める最低限のレベルが高くなってしまいます。

ダブルスのサーブレシーブのコース

ダブルスのサーブレシーブの打つコースを考えていきたいと思います。

先にまとめやすいロングサーブを打たれた時のサーブレシーブからまとめます。

ダブルス、ロングサーブのレシーブコース

まず、ロングサーブのレシーブコースです。相手はロングなので上から打てるのにレシーブというとおかしいですが、ここではレシーブで統一させていただきます。

相手がロングなので基本的にスマッシュで攻撃すればいいです。大切なのはその時に前衛がちゃんと前に入ってくれているかですね。その部分はダブルスの動きになるのでここでは触れません。ロングサーブを受けたとき基本的にサーブを打った本人は直前までサーブラインギリギリにいるのでサーバーを狙うのがいいと思います。サーバーのボディや前あたりが比較的、効果的なコースと言えます。他にもサーバーのペアのサイドや二人の間が良いですね。しかし、とにかくロングサーブの対応に関してどのコースを打つ以上にどのコースでも打てるように回り込むことが何よりも重要です。

他にも、フォア側の奥にロングサーブを打たれてそれが上で取れずに目線の高さくらいまで打点が落ちてドライブを打つ場合は、まずはネットギリギリの高さでドライブを打てるようにしましょう。これができないままで適当にクロスを打つ癖がついてしまうと、高さの精度の上達がおろそかになってしまいます。ギリギリの高さのドライブを打つには、最後に踏み込んだ足の安定感やそれまでの視点のブレの少なさが特に重要になってきます。繰り返しストレートを使って相手が明らかにコースを張っている状態だと感じたら二人のセンターも狙いどころです。両者とも触れずにエースをねらえることもありますし、打ち損じて打球が浮いてしまっても相手が見合って対応が遅れ、そのままラリーに移行する場合が多いからです。

ダブルス、ショートサーブのレシーブのコース

ショートサービブからのレシーブコースは多彩にあります。ギリギリのやりとであるがゆえにそこから多才なコース展開が行われます。サーブレシーブからの相手の返球のパターンなど一概には言い切れませんが、あくまでも経験則の中での傾向という意味でまとめます。

ダブルス、サーブレシーブのネットプレイ

相手のサーブからのネットプレイは最も安全で無難なプレイです。しかし、それは相手も承知している事であるため、打つ前から明らかな動作をしてしまうとプッシュを狙われてしまいます。それを踏まえて、まずネットプレイをする上で重要なことはラケットを寝かせない事です。基本的にプッシュを打つようなラケットを立てた形でネットに接近し、シャトルに触れる直前でラケットを寝かせてヘアピンなどを打ち分けましょう。また、ラケットを立てなくても面を横にした状態で一気に飛びこんで打つ方法も不可ではありませんが、相手の対応力と比較して明らかに上回っていないとやはり危険ですし、同じ手を繰り返すのは通用しないと考えます。

次に、ネットプレイを仕掛けた後のことも考えましょう。こちらがヘアピンを打ったとして、思い通りに展開が進めば相手はシャトルの下からラケットを入れることになります。その場合相手の返球は同様にネットプレイかロブに限定されます。ロブに関しては自分のペアに任せればいいことなのでネットプレイを仕掛けた自分は相手のネットプレイの対応にすべてを意識します。そのためにも、ヘアピンを打ったらすぐに上体を安定させラケットの準備をすぐにしましょう。相手がヘアピンならこちらはプッシュ、クロスネットなら少しでも高い位置でシャトルに触れることができるようにします。

ダブルス、サーブレシーブのプッシュ

サーブレシーブのプッシュはネットプレイ同様に優先的に選択される球種で攻撃的なショットです。コースについては、最初のうちは深く考えずにその瞬間打てる位置に打ちますが余裕ができるとコースを考えることができるようになります。

まず、サーブレシーブのプッシュで注意する点は、ちゃんとプッシュする事です。これは、学生の大会の地区予選の試合内容を見るとほとんどできていないと感じます。どういう事かというと、プッシュしたシャトルがしっかり沈んでいないという事です。沈んでいないとしても相手の目線くらいの高さならまだいいのですが、飛びついてオーバーヘッドで打つことができるくらいの高さのプッシュを当たり前のように打つ傾向があります。全員が初心者の段階だとそもそも後衛が飛びつくことができないので、そのようなロブのようなプッシュがラリーの始まりとして成立するためだと思います。少しでも早く上達したいと思うのであれば、プッシュはプッシュとしてしっかり沈めるように意識しましょう。

また、プッシュとネット前スマッシュを混同しているのかやたら力一杯ラケットを振ったり、速いショットにこだわる選手がいます。プッシュの第一目的は少しでも前の打点で触りシャトルを沈める事でラリーの優位性を継続することだと感じます。シャトルが浮いていて決められると確信が持てればもちろん決めの攻撃で構わないですが、相手の返球の精度が良いにも関わらず強引なプッシュを打ち、ロングアウトするのは非常にもったいないと感じます。

次に、打つコースです。

後衛のボディ

相手のボディを狙いましょう。ボディにプッシュを受けた相手はそれだけでシャトルに触れられない場合が多くあります。また、返球できたとしても前でさばくことが難しくフォームから次のコースが読みやすくなります。1発で決まらなくても次で決めることができるように追い込むことができるので非常に優秀なコース展開だと感じます。しかし、注意しなければならないのが、エンドラインが近いのでロングアウトの危険が高くなります。多少強くなりすぎても相手のボディに当たればいいのですが、相手も慣れていると上手にかわされる可能性がありますので加減も重要です。

サイド

サイドはミスなく狙いやすいコースです。細かい指導をしなければ比較的サイドのコースをみんな狙おうとするのではないでしょうか。決して悪いコースではないのですが、しっかりシャトルを沈めることができたら、そのストレートに回り込んで相手の返球を前衛でさばけるようにすると非常に有利に展開ができます。注意しなければいけないのが、考えなしにサイドばかり打っていると前衛に取られてしまう事がありますので、同じコースを繰り返し打ち過ぎないように注意しましょう。また、中途半端にプッシュが浮いてしまいがちなのでプッシュの高さに関してしっかり練習しましょう。

ハーフ

ハーフショットをたまに知らない人がいますが非常にいいコースです。イメージとして前衛と後衛の間のコースです。もちろん前衛には取られないように注意してください。相手の後衛は下から取らなければなりません。大きいロブが上がるとは限りませんが確実にこちらが有利な展開からラリーを始めることができます。

また、後衛がだいぶ後ろで構えている場合はハーフコースに打つだけで得点になったりもします。知っているだけで大量に得点できたりしますので是非、実践で活用してしてみてください。

いかがでしたか、基本的に僕の主観でまとめている部分がありますので考えが変わったら記載を変更することがあるかと思いますし、随時追記するかもしれません。

スポンサーリンク

コメント