スマッシュにしっかりと角度をつけるコツ【バドミントン】

スマッシュ

スポンサーリンク

今回はスマッシュに角度をつけて、シャトルがしっかり下の方に向いて打つ方法やコツを紹介します。

スマッシュに角度は重要ですよね。

スマッシュに角度がなければ単なるドライブになってしまいます。

たまに角度が甘く浮いてしまうのならばいいのですが、毎回スマッシュが浮いてしまうと相手にカウンターを受けやすくなってしまいます。

さらにスマッシュに速度があれば簡単にアウトしてしまいます。

スマッシュの強さにはフルスイングによる速度だけでなく角度をつけることによって相手にレシーブしづらくする方法があります。

仮にスマッシュに速度がのっていなくても角度があれば相手はラケットが出しづらくそのレシーブが甘くなりチャンスが生まれる可能性があります。

しっかりとスマッシュに角度をつけて相手にとってレシーブしづらいスマッシュを身につけましょう。

スポンサーリンク

スマッシュに角度がつかない事の問題点

改めて確認する事ではないかもしれませんが、バドミントンにおいてスマッシュに角度がつかなくて下にしっかり落ちない問題点をまず考えます。

スマッシュが下に落ちないのでクリアのようになってしまう

初心者ではスイング速度がしっかりあるのにスマッシュにならない原因に角度がつけられずクリアのようになってしまいます。

相手の頭上のすぐ上を抜けていくようなスマッシュ?は、ドリブンクリアとしてある意味バドミントンではれっきとした技ともいえます。

打ち損じに翻弄されている相手のイメージを覚えておいて、スマッシュを正確に打てるようになってもこのドリブンクリアを使用してもいいかもしれません。

どちらにせよ、部分的に有効なショットになる要素はありますが、繰り返し打つと効果が薄くなってしまいます。

スマッシュに角度がないのでロングアウトをしてしまう。

スマッシュに角度がなくて速い球が打てる状態だとロングアウトを多発してしまいます。

結局、チャンスを作っても活かすことができなければ無意味になってしまうし、何より失点は相手にとってのメリットになってしまいます。

最悪浮いてもいいように相手のボディを狙うのもいいかもしれませんね。

自分の正面にくる球は思わず触ってしまうので案外多少のロングアウトは全部拾ってくれるかもしれません。

スポンサーリンク

スマッシュに角度をつける方法

バドミントンではしっかり角度のついたスマッシュは強力な武器になりますし、多少球足が遅くても十分に相手を追い込むきっかけになります。

ここのコツでは、しっかり半身になって重心を使ったスマッシュが打てるものと想定してプラス必要な補足を確認します。

打点をクリアと比較したときしっかり前に合わせる

打点の前後で角度がつかない場合はおそらくシャトルを打つポイントは身体の真上にほぼ近い状態だと思います。

そこで、身体のもっと前で取るようにしましょう。

ラケットの面はスイングの後半程、下の方に向いていく傾向があります。

スマッシュが浮いてしまう人はこの面が下に向く前に打ってしまう傾向があります。

まず、ラケットの面の向きを確認してみましょう。

ラケットを持って、そのままラケットを上げると面はまっすぐ正面を向いています。

この状態でシャトルに当たると水平、または少し上に飛んでいきます。

そのまま腕を少し前に倒すと自然とラケットの面は下を向き始めます。

このあたりで打つことによって角度が付けられるようになります。

自分で打点を調整する

細かい調整はシャトルを打ち合いながらやればいいのですが、最初のうちは自分でシャトルを真上に投げて4歩くらい先の近い場所に叩きつけてみてもいいです。

一人でやる練習ですので、空いた時間にいつでもできます。

スマッシュが浮いてしまう原因にネットの存在もあるように感じます。

スマッシュを打つようになった時の最初に意識した課題がネットを超えるという点であった場合はそれからそればかり意識して打つようになってしまったかもしれません。

試しに、ネットがない環境で打ってみるのも手段の一つかもしれません。

ただ、この練習は一人でもできるのですが自分も真上に投げるのが案外難しいので投げが上達するのに時間がかかるかもしれません。

ラケットを上からかぶせてスマッシュの角度をつける

上の内容と考え方は同じなのですが、意識の方法が違います。

先ほどは、打点を前にすることで結果的にラケットが上からかぶさるように打つ内容でしたが、今回は直接ラケットをかぶせるイメージの方法です。

ラケットをシャトルの上から下にかぶせるように振るには、ある程度ダイナミックに腕を振らなければなりません。

初心者の女の子はこのダイナミックさが無く、腕が縮こまっていて角度がつかない場合があります。

腕の振り方を上から下に振る必要があるのですが。

あくまで腕を大きく振っているように見えているだけで実際は、体幹から大きく体を回している状態です。

そのため、腕を大きく振ると言われて本当に腕のみに意識がいってしまうとフォームがかなり乱れてしまいます。

スポンサーリンク

そこで、僕がオススメする意識の方法は左肩(右にラケットの場合)をスイングと一緒に大きく下げるという事です。

もともと基本の構えでは左手を上げてシャトルの落下を待ちます。

スイングと同時に左手を左肩ごと下げると結果的に右肩が上がります。

こうすることでラケットが上から下に自然と振り下ろされるようになります。

腕を上げるには体幹を中心とした左右の相対的な動きが重要です。

ラケットを上にするという目的のみにとらわれてフォームが乱れないように気をつけてください。

大切なのは左側をセットにして動作を作る事です。

また、肩の高さについて足元からしっかり動作を作りましょう。

ここで言う足元とは膝の部分です。

スマッシュに角度をつけられない選手の特徴に足が伸びっぱなしという点があります。

構えの段階では右膝を曲げる。

この膝を曲げるという動作にはタメを作るという意味も含まれています。

スイング時左足に重心をのせるとともに左膝を曲げると自然と左肩が下がり右肩が上がります。

これらの動作には当然構えは半身の状態から始まり身体の回転と重心移動を行います。

膝を曲げるというのも膝部分に限ったポイントの話で全て一連動作で行います。

選手によってはこれらの一連の動作を自力に自然に行える場合があります。

習得できない選手は繰り返しの練習で徐々にこのようなフォーム近づいていきますがコーチングの中で速めに習得させてしまうと他の技術の習得も早まります。

インパクト時回内をしてスマッシュの角度をつける

バドミントン独特の動作に回内があります。

それをフルに活かしましょう。回内もラケットを上から振り下ろす動作に一役買っています。

回内を意識しないとほとんど握りこむだけになってしまいます。

回りの熟練の仲間も回内の重要性をよく理解しながらスマッシュなど最大限回内を使えるタイミングで、回内を本当完全には使えてないように感じます。

というのも、回内を使うと結構ラケットがぶれます。

レベルが上がるとスマッシュはスピードよりもコースに重点が置かれるようになり、正確にコースを狙えるように身体はダイナミックに腕やラケットの振りはコンパクトになるものです。

結果的に見ていてもちろん回内を使っているのでしょうけど、控え目に感じます。

状況に合わせてしっかり回内をしていくと角度のついたいいスマッシュがバンバン打てるようになるかと思います。

回内や回外についてまとめたページがこちらです。

リンク先と重複する部分が多いと思いますが、一応この記事でもスマッシュと回内についてのみしっかり記載していこうと思います。

回内とは肘関節の動作です。

肘の動作というと曲げ伸ばしのイメージがありますが、そこに加え回すという動作も行う事ができます。

手のひらを下に向けてから上に向ける動作を回外といいます。

反対に手のひらを上に向けた状態から下に向ける動作を回内といいます。

この、手を返す動作をスマッシュ時に行います。

このときに重要なのがしっかりイースタングリップで握っている事です。

ウエスタングリップだと、この回内をしてもラケットの面は回りません。

イースタングリップとウエスタングリップについての記事はこちらです。

一応イースタングリップとウエスタングリップの違いを簡単に説明します。

握手の形で手を出してラケットが縦で握れていればイースタングリップで正解といえます。

もし、ラケットが横で面が上を向いていたら間違いですのでリンク先の記事でしっかり確認してみてください。

さて、話をもどします。

この回内という動作は一番大きく回って見えるのが手の部分なので手首の動きと勘違いされやすいですが実際は肘の動きです。

関節の動きは動かす関節の末端が動きを作るのですが、前腕を触った状態で回内をすると前腕自体が皮膚の下で動いているのがわかります。

ちょっと表現が怖いですが、正しい言い方をすると前腕の二本の骨が交わるようにして捻じれます。

このようにして回内動作を作ります。

これをすると、ラケットがシャトルの上からしっかりかぶさりますので必ず角度をつけてスマッシュを打つことができます。

基本的なショットではないのですが、例えば、前衛にいてしっかりテイクバックを作ってスイングができないけれどシャトルは触れるという状況。

相手はサイドバイサイドのまま後気味に構えています。

このまま、シャトルをキャッチするように手を伸ばして回内をします。

すると、ショットの勢いはまったくないのですが、かなり高い打点から鋭角にシャトルを打ち落とすことができます。

サービスラインくらいの手前にシャトルを落とすことができれば基本的に相手は苦しい体制で取らなければいけないのでかなり有効になります。

最後のスマッシュの話とはそれてしまいましたが、角度をつけるという点で実践的な角度に特化したショットをご紹介しました。

是非試してみてください。

スポンサーリンク

コメント