スマッシュを速く打つなら手首を使うな!!手首使用警報【バドミントン】

スマッシュ

スポンサーリンク

今回はバドミントンにおける、スマッシュを打つ際の手首(リスト)の使い方について解説していきます。

バドミントンの技術は多くありますが、その中でもスマッシュが強いとそこから多くの攻撃的展開をつくり上げる事ができます。スマッシュはオーバーヘッドストローク(上から打つ動作)である基礎力によるものなので、小手先のコツでどうにかなるものではありません。ここで言う基礎とは、スイング前のタメる動作から始まり、体幹を固定させ身体に軸を作り強い回転力、と同時に体重移動と腕の引き込む力と捻り動作。あらゆる動作を全力で複合させて作り上げるのがスマッシュです。

スポンサーリンク

改めて今回は、スマッシュについてですが、その中でも最終段階の手首についてスポットを当ててみたいと思います。皆さんは、スマッシュを打つ際にどのように手首を意識しているでしょうか。または、どのような状態が理想的であると考えているでしょうか。

手首はスマッシュ動作の中で最終段階、仕上げともいうべき瞬間です。最後の瞬間に手首で連動させてきた動作を完結させることで、いいスマッシュを打てるようになると言っても過言ではありません。

この記事を読んでスマッシュを打つ際の手首を上手に使えるようになりましょう。

スマッシュを打つ手首の前にグリップの持ち方の確認

手首の話をする前にグリップは正しく持てているでしょうか、グリップの持ち方は大きく分類して、イースタングリップとウエスタングリップがあります。ウエスタングリップはフライパン持ちとも言われていて、ラケットを持った手を前に出した時にラケットの面が自分の目線が向かい合う状態です。対して、イースタングリップとは、握手するようにしてラケットを縦に持ちます。ラケットを持った手を前に出した時に自分の目線でラケットの面は確認できず、ラケットのフレームの側面しか見えないような状態になります。

バドミントンでの正解はイースタングリップの持ちかたが基本と言われています。細かく分類すると微妙に無名のいろんな持ちかたが存在しますが、ここではイースタングリップの持ちかたを正解として話を進めていきます。

バドミントンでウエスタングリップはスマッシュの時、回内動作を使えない

先にスマッシュ打つ際に時の手首の使い方で、ウエスタングリップではなぜいけないのか説明します。まず、ウエスタングリップの持ち方ではスマッシュが打てないわけではありません。ただ、トップ選手のような速くて鋭いスマッシュは打てないということです。それは、インパクトの瞬間に回内動作をおこない最後にラケットの加速をしっかりできないためです。

その反面ラケットを回さない分、同レベルの選手と比較したときにコースの打ち分けは正確である傾向があります。必ずしも全てデメリットしかないわけではないと感じます。しかし、競技レベルが上がれば回内を入れてもコントロールが良くて当然になるので、中級者まではウエスタングリップで通用すると思いますが。最終的には完全に持ち替えないといけないです。

バドミントンのスマッシュをウエスタングリップで打つと手首の痛みの(腱鞘炎になる)リスクがある

バドミントンを行う全ての人が高い向上心を持っているわけではありません。あくまでも趣味のレベルで楽しく身体を動かす事が目的の人もいるとおもいます。その時、わざわざ鋭いスマッシュを打つ必要もないし、当たりやすい持ち方で競技を貫く人もいてもいいと思います。しかし、ケガのリスクも高いことをご存知でしょうか。

痛くなる位置は手首の親指側の部分です。ウエスタングリップでスマッシュを打つ時は回内動作をすることができないという話をしました。回内動作しないことにより手首の他の動作を無意識に代用する事があります。

以下、それについて専門的な運動学の解説です。

回内動作とは前腕の軸を内側に回す運動です。そこに方の内旋運動も加わるとスイング中わずかに肘が上がるような動作になります。すると、ラケット内に第一のテコが発生します。ラケット内にできた支点を中心に回転運動がラケット内でおおむね自己完結します。プレーヤー自身はスマッシュを打つ際にラケットを制御する力(ラケットに掛る遠心力)というのは、ラケット内にできた第一のテコの支点がラケットのバランスの中央から外れた分のみなるので、大した力にはなりません。反対に回内を使わないウエスタングリップは肩関節の内旋運動、その他の加速動作がそのままラケットに遠心力として影響します。そのため、プレーヤーはそれを制御するため、結構な力で握らなければなりません。

上の内容を平たく言うとイースタングリップで手首を回すようにして打てるとラケットが飛んでかないけど、ウエスタングリップで握っている人はスマッシュを打った時にラケットがぶっ飛んでいくからしっかり握っていなければいけないという事です。

しかし、イースタングリップだとすべてにおいてラケットが飛んでいかないかというと、そうではありません。競技レベルによりますが、単なる大振りになっているとイースタングリップでもスイング効率は悪くなってしまいます。

さて、手首の痛みの話に戻りますが、この力一杯握らなければならない状態に問題があります。筋肉は筋肉繊維部分から徐々に腱に移行して、関節を乗り越え骨に付着します。この導線はもちろん最短距離を通ろうとします。僕たちの手首の太さがこのサイズで抑えられているのは、腱が最短距離を通っていないため、手首のサイズに内側をわずかに迂回しているためです。これをしないと、例えば親指の付け根のスジが腕の真ん中から始まることになり、手首が今の1.5倍くらいの太さでスジで押し広げられる状態が全ての指で起こります。気持ち悪いですよね。そうならないように手首で抑えこんであるのです。

この手首でスジを抑え込んでいるのが腱鞘といいます。腱の鞘(さや)、この鞘は剣の鞘と同じ意味で腱を納める役割をしています。基本的に構造的に何も問題がない腱鞘ですが、握力を発揮した状態で繰り返し動かすと腱と、腱鞘の間にわずかな摩擦が生まれてしまいます。基本的に小さな傷ですが、これを延々と繰り返していくうちに慢性的な痛みとなり、悪化すると腱自体が炎症とともに肥大し腱鞘を通過できなくなり手首が動かなくなります。
話が広がりましたが、ウエスタングリップはそのリスクをはらんでいると言えます。

スポンサーリンク

実は、スマッシュを打つ際はイースタングリップでもない

こちらをご覧ください。

厳密に言うとイースタングリップとも違います。参考写真はリーチョンウェイという名選手なのですが、僕が言いたいのはほぼグーで握っていますよね。

この方が特別変わった持ちかたをしているのではなくこれで正しいです。

結局、イースタングリップの形で柔らかく持った状態でスマッシュを打つことはできないですよね。最初の方で余計な握りこみはしないと記述しましたが、当然ある程度は握りこみます。スマッシュの瞬間は細かいラケットワークも必要ないのでそのままグーでいいというわけです。

あと、ここで注意したいのはイースタングリップの形から自然にグーの形で握りこんだ状態であるという事。ウエスタングリップから握りこんだ形はラケットの向きがまったく違います。

バドミントンにおけるスマッシュを打つ際の手首への意識

ここから本格的に本題に移ります。それでは、スマッシュを打つ際にどのように手首を使えばいいのでしょうか。

スポンサーリンク

スマッシュを打つ際はリストスタンド(手首を立てる)を心掛ける

リストスタンドとは、リスト=手首、スタンド=立てる。直訳すると手首を立てるということです。リストスタンドについて解説をしていきます。

リストスタンド(手首を立てる)の必要性

手首の関節の構造は、専門用語で手根橈側関節と呼ばれています。この関節は楕円関節で2軸構造をしています。平たく言うと手首はの構造はけん玉のような器(肘側)に卵(手側)が横に乗っているような状態の関節です。この丸い関節おかげで、手の関節はぐりぐり自由に動かせるわけです。さて、ここで一つ問題点があります。この自由に動く器用な関節の問題点は力をロスしてしまう事です。もともと、この手関節は力一杯素早く動くことを目的として進化した関節ではなく、人間が器用にものを使うために進化した関節です。強い力や反動が加わるとその力に負けてしまいます。バドミントンにおけるスマッシュの瞬間にして言うとインパクトの瞬間に全身で作った勢いを緩衝してしまいます。

その衝撃に対する緩衝を防ぐ目的として、この手関節をロックする必要があります。それがリストスタンドという事になります。

リストスタンド(手首を立てる)とは、どのようにすればいいのか

さて、手首の構造と特徴、それに伴う問題点を説明しました。それを克服する方法がリストスタンド、手首を立てるという事ですが、具体的に手首を立てるとはどのようにすればいいのでしょうか。

専門用語では撓屈・背屈をすればいいと言えますが、日常動作で言うと。ビールジョッキを持つ動作がしっかり手首が立っていると言えます。未成年でしたら2リットルペットボトルを直飲みしている状態はおそらく手首を立てていないとできないはずです。

要はものを安定して確実に持つ動作がリストスタンド(手首を立てる)という事です。安定して重い物を持つことができるリストスタンドは手関節の構造からくる力のロスを回避することができます。この状態でラケット持てれば自己最高のスマッシュに近づくはずです。

ここまでの話からくる手首を使う事との矛盾点

さて、ここまで丁寧に読み進めていただいた方はお気づきでしょうか。タイトルはスマッシュを速く打つなら手首を使うな!!なのに、手首を使うなと言ったり回内を使えと言ったり、回内を使うのにロックして動き入れないといったりしています。

ここまで、この記事を要約すると、

  1. ウエスタングリップではなく、イースタングリップで持って回内を使う
  2. 余計な握力は使わない
  3. スマッシュの時はイースタングリップの形からグーで握る
  4. リストスタンドで手首をロックして、安定させて余計に動かさない

2と3の余計な握力は使わないとグーで握るはまとめると余計な力を使わないでグーで握るという事になります。

問題は1と4ではないでしょうか。1のイースタングリップで回内とあります。

そもそも、ウエスタングリップの問題点は回内を使えないという事で話をすすめてきました。イースタングリップでも手首をロックして使わないようにするなら同じ事ではないだろうか。一方、イースタングリップでは手首を回内させているじゃないか。手首をロックさせながら手首を回内させるなんて矛盾しているではないかとなります。答えは可能です。

回内は手首で行う運動ではない

回内という動作は手首が回ります。しかし、手首の運動ではないとはどういうことでしょうか。実は回内動作は橈尺関節の動きです。橈尺関節とは橈骨と尺骨との関節です。橈骨と尺骨は前腕(肘から手首)の2本の骨の名前です。この2本の骨が捻じれることによって回内と回外という動作が実現しています。

という事は、回内・回外という動作は手関節を回しているのではなく、手前の橈尺関節が捻じれることによって表面から目視した際にあたかも手関節そのものが回っているように見えているわけです。

よって、手関節はロックしつつ手首(厳密に橈尺関節)を回内・回外させることが可能という事になります。

また、なぜウエスタングリップで回内・回外が使えないというと、ウエスタングリップで持った状態で目の前で回内・回外をしてみるとよくわかります。目の前でガットの面がワイパーのように左右に行き来するだけです。フレームが先頭に動くのでここにシャトルが入っても打つことはできません。

まとめ・バドミントンのスマッシュにおける手首の使い方

ここまでの話をお読みいただけたらもうお分かりいただけていると思います。ここまで一気に読み飛ばした方に向けて改めて言うと。

バドミントンのスマッシュでは手首を使いません。

むやみに使おうとするとケガにつながるなど、一生懸命力んでいるはずなのにロスの方が大きくて思いのほかシャトルに力が乗らないという事になってしまします。

また、握力も必要ありません。

よく、スマッシュを速くするために一生懸命握力を鍛えている話を聞きますが僕は必要ないと思います。ただ、打ち方が悪くて握力を使ったほうが強く打てる場合はこの限りではないのですべての人に共通しているとは言えませんが。

また、今回はスマッシュを打つ際の手首の使い方という事で、スマッシュについての内容でしたが。他のショット、例えばドライブ等も基本的にむやみに手首を使いません。カット等のショットは手首で捻りこむよりもしっかりリストを固定してしまって、身体全体のフォームによって打ち分けるといいです。

最後に、手首に関して意識すべき事

ここまで、手首の使い方についての内容でまとめてきました。使い方とは別に手首として意識すべき重要な事があるので補足して終わりにしたいと思います。

それは、スイングの最後に手首を振り下ろすという事です。スマッシュ全体のフォルムは弓のようにしなってからムチのように振り下ろします。ムチは遠い位置から動作が始まり、波打つようにして力が流れます。

このようにして力が一番遠い足元から徐々に連動し、力を追加しながら次につなげる事で強いより速いちからでラケットを振り抜くことができます。しかし、手首への意識が強すぎて手首が力の連鎖よりも早くスイング始めてしまうと、ちからを連鎖させることができません。

手首を使わないのは、手首を使う事で力強いスイングが可能になるのではなくむしろロスしてしまう事は確認済みです。それを正しい方法を理解して、手首のリストスタンドを作り肘からの回内動作をしたとしてもそれまでの身体全体の力の連動の流れに乗らなければ意味がありません。

手首でロスなく動作ができても、そこまでにムチのようにした力の流れができていないと手首までに伝わるちからそのものが小さくなってしまうという事です。せっかく正しい方法を取得しても手元へ伝わるちからが小さければ意味がありません。手首の使い方は方法として理解できたら改めて全身でスイングをつくることを意識しましょう。

以上になります。

この記事は、スマッシュを速く打つなら手首を使うな!!ということでしたがどうしても手首に限った内容だけだと誤解を招くのでないかと結局全身の運動まで話が広がってしまいました。

オーバーヘッドストロークはすべての基礎の集大成ともいえると感じます。決して手首への意識のみで簡単にスイング速度が速くなることはありません。この記事で手首への意識すべきことが確認できたら改めて全身でのスイングへの意識へ戻るようにしてください。

スポンサーリンク

コメント