安定したプッシュレシーブで守りから有利に切り返す!!

バドミントン技術

スポンサーリンク

今回はプッシュレシーブについてです。

プッシュレシーブは基礎打ちの中で取り入れている方々が多いと思います。

しかし、そのやり方は正しいでしょうか。

僕がバドミントンを始めたことはまともに返球をコントロールできずにわけがわからない。こんなのやる必要があるのか?などと感じていた記憶があります。

プッシュレシーブのやり方、または初心者にありがちな間違いをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもプッシュレシーブとは

プッシュレシーブとはもちろんプッシュに対するレシーブの事で間違いありません。しかし、基礎打ちの時でもその返球はのコースは一定の高さで返球してますよね。意図的に大きく返球はしません。つまりプッシュレシーブとは相手の強打をネットの白帯の高さギリギリで返すレシーブと考えてもらって差し支えありません。という事は、スマッシュのレシーブを白帯ギリギリで返す技術もプッシュレシーブと同様と考えてください。名称の由来は知りませんが、プッシュレシーブとは基礎打ちのメニューの名称として「プッシュできる位置にレシーブする」といった意味合いなのだと解釈すればいいような気がします。

理想的なプッシュレシーブとは

理想的なプッシュレシーブとは、相手に追撃されない白帯ギリギリの高さのレシーブです。もちろんレシーブとして考えるのならば大きく返すのでもいいのですが、先ほどのプッシュレシーブの意味合いとそこまで説明の範囲を広げると記事の幅がぼやけてしまうので別の機会でそのような記事を作るとします。仮にどのような時でも白帯の高さに返すことができれば相手の攻撃に対して決して打ち負けることはありませんし展開を大きく切り返すことができます。

シングルスの場合は相手が一人なので、プッシュを受けたときに相手の頭をしっかり越してエンドライン届くようなレシーブができたら一番確実だと思います。しかし、それは今回説明するプッシュレシーブの技術とは違ってシンプルなレシーブの話になります。サイドからストレートにプッシュを打たれ、それをストレートに白帯の高さで返せても次はクロスネットでやられてしまいます。そう考えると、シングルスで求められる理想的なプッシュレシーブはとにかく相手に動いて取らせるよう相手の遠くに返球する事の方もとても重要です。

ダブルスの場合は、相手を動かすよりとにかく決定打として打ち込まれないことが重要です。前衛がいて、その正面にレシーブする事になったとしても高さが絶妙なら問題ありません。仮にクロスネットを打たれてもペアが十分フォローしてくれるはずなので、ラリーが継続されます。もし、余裕があればクロスに打つのも、もちろん効果的ですが中途半端にレシーブが浮いてしまうと飛びついて結局打ち込まれてしまいます。そのため、ダブルスの場合はストレートやクロスなどのコースよりもレシーブの精度そのものが重要といえます。

スポンサーリンク

プッシュレシーブの打ち方・注意点

プッシュレシーブの打ち方を細かく説明します。

重要な点がおざなりになると精度のいいレシーブが打てないのでしっかり確認してみてください。

足元は肩幅より広く

プッシュレシーブがうまくいかない人の最大の特徴は棒立ちになっている場合が多いです。何気ない直立の状態ではなく、足幅をしっかり確保して自分の身体から少し離れた位置にプッシュされたときに上半身が崩れながらラケットを出すことがないようにしましょう。

また、足の位置ですが、わずかに右足が前くらいがちょうどいいです。意外と左足が前でもフォアが広く守れたりするので一見問題ないように感じますが。左足が前だと、フォア側の打点が後ろに行きがちでコースが読まれやすくなります。なるべく前で取った方が返球のタイミングも早くなります。多少レシーブのコースが読まれてある程度反応されることもありますが、精度がよほど悪くなければレシーブとして十分成立します。

姿勢は低く

先ほどと少し似ていますがレシーブがうまくいかない人の特徴は姿勢が高いことにあります。姿勢が高いと少し離れた位置に打たれると素早く足が出ないので崩れながらラケットを出すしかありません。また、ボディに打たれたときに素早く身体を引いたりすることができないので、そのまま打ち込まれてしまいます。

また、姿勢を低くと言っても腰を丸めるのではなくて、しっかり膝を曲げて腰ごとしっかり落とすようにしてください。腰を丸めてしまうと足元のシャトルしか取れません。相手のプッシュは必ず足元に行くとは限りません。相手の攻撃が目線の高さに打たれた時、腰が丸まっているとまともにラケットを上げられません。対して、腰ごとしっかり落として、姿勢が立っていると上体を少し引くだけで目の前に空間を作れます。これは、腰が丸いとできません。

スポンサーリンク

レシーブの強さを変える

レシーブをストレートに返す場合それが触るだけでネット前に返すのか、ドライブで返すのかでも展開は大きく変わります。どちらが良くてどちらがいいというわけではありません。問題なのはレシーブの形が毎回同じだと相手に読まれてしまいます。相手は攻撃をしているので最後まで攻め切る意識があるはずです。繰り替えし同じ形を反復すると必ず得意なコースでも先回りされるようになってしまいます。プッシュレシーブはドライブで返すのとネット前に返すので得意な方に偏りがちになりますが、なるべくまんべんなく使用して上手に攻めの展開を切れるようにしましょう。

リストスタンドをしっかり作る

レシーブの形が安定しな人や、ラケットを振りすぎてしまう人はリストスタンドがしっかりできていない場合があります。なぜ、ラケットを振りすぎてしまうかというと、しっかり打たないとシャトルが飛ばないと感じているからです。リストスタンドがしっかりできていないと、相手のプッシュを受けたとき手首で反動をクッションしてしまいます。リストスタンドをしっかり作れていると相手のプッシュに合わせて少し押し込むだけでネット前には簡単にレシーブできます。その方がラケットの動作も小さくなるのでレシーブも読まれづらくなります。プッシュレシーブに限らず、リストスタンドはすべてにおいて重要な基礎になりますのでしっかり習得するようにしましょう。

脇をしめ過ぎない。開けすぎない

脇をしめ過ぎると、腕をしっかり使えず身体を捻るような動作ばかりのレシーブになってしまいます。もし、ボディに打たれた場合なら素早く脇をしめて上体をそらしてバックハンドクロスにはじくなどが良く使われるレシーブ方法だと思いますが。この構えの状態で待っていては、ドライブなど力強いレシーブができません。

反対に脇を大きく開けすぎていると、ドライブのような鋭いレシーブが打ちやすいですが、鋭く胸元に攻撃されると、ラケットを準備するすべがありません。しかし、脇を大きく開けるスタイルの人の方がシャトルの強弱に対応できるので、脇をしめるような人よりはまだ持てる球種は多いように感じます。

どちらにせよ、重要なのはどちらかに偏るのではなく、脇の下に握りこぶしが一つ入るくらいのスペースを空けていた方が無難に感じます。

回内回外はあまり使わない

回内回外はバドミントンで基本中の基本と言えますが、ここではあまり回内回外は使わない方が無難と言えます。というのも、回内回外は細かい加減をするのに向いた打ち方ではありません。また、相手のプッシュに対して完璧にタイミングを合わせなくてはなりません。例えば位置としては正確にシャトルの軌道の延長にラケットを合わせていてもタイミングが遅れれば大きく外側にそれてしまいます。そのためプッシュレシーブの場合はある程度、リストスタンドのままラケットを押し出すようにして使ったほうが無難と言えます。しかし、身体から離れていたり、ドライブで返すなどラケットを回しても差し支えがない場面もありますので、適宜使ったり使わなかったりと少し曖昧な表現になってしまいます。

シャトルの当て方を考える

ドライブでレシーブする場合、基本的にラケットを上から、かぶせるようにして打つとショットに力の乗りますし、高さのコントロールもしやすくなります。しかし、プッシュレシーブでネット前に加減してレシーブする場合、シャトルに対してフラットに当てすぎると、たまに、シャトルのコルクがこちらを向いたまま返球してしまい、ネット付近で空気抵抗から急に減速し、コルクが相手方向にひっくりかえることがあります。これは経験しないとわからないと思いますが、高さ的には完璧なのに相手が取ろうとした直前にシャトルが返ると、相手に強打するゆとりを与えてしまいます。基本的に中間でシャトルがひっくり変える場合はコルクは上を向いて相手側を向くので一見減速しながら浮き上がるように見えます。初心者ならこの状況に合わせられないかもしれませんが、ある程度レベルがあると落ち着いて一呼吸おいてがっつり打ち込まれるので逃げきれません。

ある意味、運の要素もありますが、なるべく防ぐという意味でもなるべく多少は切るまではいかないにしても、少しラケットを傾けるなどしてあてる習慣をつけておいた方がいいと思います。レシーブをドライブのような強打で返す場合はラケットをかぶせるのでちゃんとコルクがガットから離れると同時に相手方向に向きを変えてくれるので気にする必要はありません。

いかがだったでしょうか。

プッシュのレシーブは基本の中でも最も難しいのではないかと感じます。この記事のアドバイスの内容をイメージできるようになるだけでも数か月又は年単位の時間が必要かもしれません。

個人的にまず上達する上で一番大切なのは最初の腰を低くして構える事だと思います。

そして、慌てずしっかりシャトルを目で追う事ではないでしょうか。相手との距離が近いので恐怖心から目を伏せないように頑張ってください。

スポンサーリンク

コメント