カットを極めて相手を翻弄!!カットスマッシュが試合を制す!!

カット

スポンサーリンク

今回は、カットについての記事を作成していきます。

カットという技はシャトルに対してわざとラケットの面を斜めに当てて、シャトルの回転速度を上げることにより相手コートに到達する過程で通常より強い空気抵抗を受けさせ減速させるものです。

個人的な見解ですが、それぞれの選手にとってのカット習得過程の印象はセンスに近い感覚的な物があると思います。

打とうと思えば簡単に打てる。意識的に切らないと打てない。なぜかいつも切れてしまう。

この違いが出る理由は簡単で、意識的に切らないといけないのはグリップの持ち方がウエスタングリップになっているためか身体が回せていない、いつも切れてしまうのはイースタングリップで持ちながら面を変えられないか回内を使えていないためです。

一通りの練習をすれば自然と一連の技術を習得しますが、数人に一人くらいの割合で、習得過程にムラができてしまいます。

その部分が本人の感覚で面が切れてしまう状態や、どうやっても切れないという事になります。

打てる人は苦労なく打て、打てない人はドロップを使えばいいやと考えがちなので、最初のうちはあまりカットについて悩んだり、考えたりすることがないのかもしれないかもしれません。

しかし、カットは回転速度やラケットに当てる速度でバリエーションがとても豊かになるショットです。

なるべく習得した方がプレーヤーとしての幅がぐっと広がりますので、打てない人は打てるように頑張りましょう。

それでは最初は改めてカットという技についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

カットの打ち方について

カットの打ち方はイースタングリップで持ていれば打つこと自体はとても簡単です。

通常ならオーバーヘッドストロークの時に回内をするところで、何もしないで振り下ろせばいいのです。

イースタングリップでラケットを持ててそのまま振り下ろすと自然と面が斜めになっています。

もし、しっかり面が正面に出ている場合は、ウエスタングリップで持っている可能性があります。

特に問題がなければ、チョップするようなイメージでラケットを振ると自然と面が斜めに当たります。

あとは、相手のコートに入るように調節してください。

カットの打点

カットの打点は、基本的にスマッシュを打つような位置です。

つまり、身体を入れ替えることを想定してからの前です。

打点が近すぎるとシャトルに回転はよくかかりますが、ドロップのようなゆったりとした軌道になり、カット特有のキレがなくなってしまいます。

また、打点が低すぎるとその打点で打つオーバーヘッドストロークは他に存在しないため、相手にカットと見抜かれてしまいます。

そのために、カットの打点はスマッシュを打つ位置と同じと考えてください。

また、カットはシャトルが回転により安定するために苦しい姿勢から強引にコースを狙うのに向いていると感じます。

あくまでも飛びつき動作ができるレベルに限りますが、フォア奥側に低いロングを打たれたとします。

切る動作を利用すれば、少し追い込まれた苦しい位置にあるシャトルでもクロスを打つことができます。

これが、カットでなかったら回内を使いますが、この姿勢だとどうしても安定しないと感じます。

面を丁寧に当てるカットだからできる技と感じます。

スポンサーリンク

カットはクロスに打つ

カットは基本的にクロスに打つためのショットです。

ストレートに打とうと思えば打てますが、基本はクロスです。

スイングの形は、ほぼスマッシュの形でラケットの面のみを斜めに向けるので右利きなら左の方向へのクロスショットになります。

フォームはストレートにスマッシュを打つような形を意識してください。

右利きと想定した場合、自分は右奥にいたらストレートを右サイドに打つコースです。

最初のうちはどうしてもクロスを意識して身体がクロスの方向へ向いてしまいますが、上達してくると、フォームのみではストレートスマッシュなのかクロスへカットなのかわからなくなります。

そうなると戦術としての幅が非常に広くなります。

しかし、その反面注意して欲しいのがクロスを打つ場合は、次を想定して素早く動く事です。

カットは上手なのに打ちっぱなしであるために、相手に高い打点でネットプレイをされたらなすすべがない選手が学生で特に多いように感じます。

そういった選手のカットは本当に精度が高いことが多いです。

普段の練習で仲間がそれに返球できない環境が、次を追わない原因ではないかと感じます。

仲間とのゲーム練習では精度が良すぎて単発で決まってしまうのかもしれませんね。

その場合は選手自身で意識的に強い相手を想定して練習するしかありません。

カットのバリエーション

カットには回転のかけ方と当て方はバリエーションがあります。

それらを組み合わせると、本来カットという一つの球種から複数のショットを生み出せます。

カットスマッシュ

カットスマッシュという球種は存在していなくて、あくまでも通常のカットよりもインパクトに比重を置いた、カットだと解釈しています。

しかし、それをカットスマッシュという俗称があるのであえてカットスマッシュという名前で説明します。

カットは本来通常のスマッシュのフォームから回内を使わず回転させるようにして当てる技です。

カットスマッシュも同じく回内は使いませんが回転よりインパクト重視により球速をより高めることができます。

このカットスマッシュの戦術的意義はカット特有のバシュ!!という切り音が少ない点です。

日々練習しているとカットを打たれたときに目視で確認する部分と音で感じる部分があります。

カットを打たれた瞬間にカット音がすると無意識に減速することを想定した動きをしつつシャトルを追います。

スポンサーリンク

しかし、そこにインパクト音が合わさるために無意識にカットを想定することが難しくなります。

意識的に調節せずそのまま打ってしまうと直前で減速が効いてしまい、返球の精度が落ちてしまうのです。

通常のカットだと、落下地点がシャトルの回転による減速で大きく変わるのに対して、カットスマッシュはあまり変化がありません。

しかし、ラケットの芯に当たらなかったり微妙な精度のミスを誘えます。

その次のわずかに甘くなった返球を攻めるのに有効的です。

この使用方法ができる事がこの球種の重要な意義となります。

上級者となれば、スマッシュに緩急をつける事が戦術的にも必須になってきます。

カットスマッシュを使わずに遅いスマッシュを打つ時は身体の回転などを加減する必要があります。

動作を遅くすることによってスマッシュを打つ時にリズムが乱れコントロールが難しくなります。

しかし、カットスマッシュはスイングを加減するわけではなくしっかり振りぬけるので、スマッシュを連続で打つ際のリズムやテンポを乱す事がありません。

相手側から見たときにリズムが途切れず常にフルスイングをしているにも関わらずショット自体は多彩に緩急が入っていたら返しづらいですよね。

最後にカットスマッシュの冒頭でカットスマッシュという球種はないと記載しました。

その理由は、動作としての定義があいまいでシャトルに対する回転とインパクトのバランスの問題だからです。

選手本人が自分の打つこれはカットスマッシュと言えばカットスマッシュで問題ありません。

しかし、技術を語ると銘打ったこの場で抽象的なショットに名前を付けるのはふさわしくないと感じたためです。

カットドロップ

これも俗称です。

こんなショットは存在していません。

しかし、イメージは伝わるかと思います。

先ほどのカットスマッシュの逆のものになります。

わざと、シャトルに対して全力で回転をかけます。

周りでこれを使う人は少ないですが、スイング速度と球の落ち方のギャップがかなりすごいです。

全力でシャトルに回転をかけているので、一見全力でスイングしています。

しかし、落下地点はサーブラインよりネット寄りです。

なかなかの所見殺しです。

見極めの特徴は、特有のカット音です。

カットスマッシュの逆でものすごいカット音がします。

慣れれば、すぐに対応できるようになります。

何回も使うと効果がありませんが、たまに気まぐれに使うと面白いように決まります。

リバースカット

これは俗称ではなく正式な技の名前です。

カットは小指から先頭にチョップのようにして振り下ろすのに対して、リバースカットは手のひらを返して親指側を先頭にして面を切ります。

使う面は通常のカットと同じ面を使います。

リバースカットの手の使い方は、親指を立てた状態で下を指すブーイングをするような手の動きです。

こうする事で通常とは反対側に回転がかかりリバースカットを行うことができます。

コースも通常のカットと逆で右利きならラウンド側から右へ打ちます。

戦術的な意義ですが、僕はこれについて人に語るほど理解ができていないのが現状です。

というのも、リバースカットが安定して高い精度を維持できないからです。

難易度が高いのであまり使用できない。

一応打てるのですが、カットのように相手を追い込めないです。

というかコースが乱れてしまうので極端にスミを狙うとミスしてしまいます。

また、本来カットの意義はストレートのようなフォームからクロスを打てるという相手にコースを読みにくくする目的があります。

しかし、ラウンドはもともと相手からコースを読まれにくい特徴があります。

そこからわざわざカット音で判断されるリスクのあるカットを打つ必要があるのかと思います。

経験上、通常のカットが上手すぎて手に負えないと感じた相手はたくさんいましたが、リバースカットが上手すぎると感じた相手と出会ったことがありません。

リバースカットの難易度が高いと感じているのは僕だけではないはずです。

最後に、そんなリバースカットに対して後ろ向きな考え方をしていますが、唯一積極的にリバースカットを使う部分があります。

それは、ストレートにスマッシュを打つふりをして少し右サイドを狙うときです。(右利き)

それも決めのショットというよりは少し相手の反応を遅らせて崩すきっかけになればいいくらいで決して重視していません。

身体の構造としても不自然な動きになってしまうのでインパクト重視のカットスマッシュ的な使い方が限界ではないでしょうか。

右利きと左利きのカットの違い

多くの選手の方は十分承知していると思いますが、一応触れることにしました。

シャトルは構造上、半時計周りに羽根が重なるようにして作られています。

例えば、右利きの人がカットを打つ時にシャトルは反時計回りに回転する事になります。

結果、シャトルは空気抵抗が強くかかりより減速の力が加わります。

反対に、左利きの人がカットを打つと回転は時計回りになります。

すると羽根が空気を流すような回転になります。

シャトルは減速が少ないにも関わらずある程度落下します。

もちろん右利きのカットの方が飛距離が縮まり相手から遠ざかりますが、左利きのカットは減速が少ないために鋭く感じます。

もともと、相手から遠い位置のネット落とすショットはドロップがあります。

そのため、カットという球種に期待されるのは鋭さです。

左利きの場合は右利きのカットよりも鋭さがあるので、ドロップとカットの球筋の違いが顕著に出やすくなります。

以上になります。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント