オーバーヘッドストロークのコツ。意識する事。

バドミントン技術

スポンサーリンク

今回はオーバーヘッドストロークについての記事になります。

あまりオーバーヘッドストロークという言葉はあえて使われないと思います。

もし、言うなら「上のスイング」でしょうか。

もし、競技としてバドミントンをしているのであれば、これらの専門用語は知っておきたいですね。

まずはオーバーヘッドストロークという言葉について確認します。

オーバーヘッドとは文字通り、頭の上という意味です。

ストロークとは、スイングと意味がほぼ同じでラケットの振り方ということでいいと思います。

直訳すると頭の上でのラケットの振り方ですね。

頭の上でのスイングと言ってもフォアに限った話です。

例えばバック側でも頭より上での打ち方は存在しますが、それはハイバックという名前がついています。

そのため、オーバーヘッドストロークとは、頭の上でのフォアのスイングという事になります。

さて、それを踏まえてオーバーヘッドストロークから考えられるショットとは何か、例えばクリア・スマッシュ・ドロップ・カットになります。

他にも球種という分類ではないのですが、ラウンドでのショットもオーバーヘッドに含まれていいと感じます。

そう考えると、オーバーヘッドストロークに該当しないショットはネットプレイやドライブ、レシーブ、サーブという事なります。

また、ここの記事ではラケットの持ちかたや、半身になる、体重移動をするなど基本的な動作は別の記事で書かせていただいているので割愛して説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

オーバーヘッドストロークに関する記事という事ですが、コツというものは基本的に、スマッシュやクリアなど球種別に話をするのが一般的です。

今回はすべての球種に共通できるバドミントンにおけるコツや注意事項を考えていきたいと思います。

また、このような抽象的なキーワードに興味を持つ方というのはおおむね初心者であると推測して、初心者に向けた記事内容として、まとめていきます。

上級者向けのオーバーヘッドストロークなんて深すぎてブログ記事じゃまとまりきらないですからね。

相手からショットがばれないように各ショットのフォームを近づける

オーバーヘッドストロークの特徴はドライブ・ネットプレイなど他の打ち方と比べたときに明らかにネットとの距離があることがあげられます。

そのため、相手に与える返球までの持ち時間が長くなります。

①相手が奥に上げて自分の手元に届くまでの時間

②自分から相手へ打ち返して相手まで届く時間ですね。

これらを考えると、正面から見たときに打ちたい球種がばれるのが早いほど相手は早く動き出し、より余裕を持って対応をされてしまいます。

他の球種、例えばドライブでは踏み込んで打つ姿勢から、相手には当然早い段階でドライブという球種は読まれてしまいます

そこからシャトルの速さやサイドへの打ち分けの精度、高さによって相手を追い込むことができます。

また、ネットプレイも相手から、ヘアピンとロブの打ち分けがばれない事は当然重要です。

ヘアピンは良ければ明らかにヘアピンを打つと相手が確信を持っても精度が良ければ相手を追い込むことができます。

対して、オーバーヘッドストロークはどうでしょうか。

例えばクリアは、相手に悟られると、当然重心を下げて早い段階で下がってしまいます。

カットやドロップに関してもコースが良くても読まれると不利になります。

スポンサーリンク

そう考えると、前後のオーバーヘッドストロークで重要なのは、ショットのフォームから前後の打ち分けを読まれないことが重要だと言い換えることができます。

スポンサーリンク

どのようにして、打ち分けをわかりづらくするのか

どのようにして、打ち分けをわかりづらくするのか考えたことはあるでしょうか。

逆に言うとあなたは何を見て相手の返球を予測しているでしょうか。

打つ直前の相手から得られる情報はどこからくるでしょうか。

それは、打つ直前の身体全体の動きから感じるフォームの雰囲気です。

オーバーヘッドストロークからの球種はクリア・スマッシュ・カット・ドロップという話をしました。

例えば、スマッシュとカットの打ち分けは読まれづらくなります。

それは、①打点が一緒②ショットの高さが一緒③攻めのショットである④スイング速度がだいぶ近いという共通点があるからです。

この中でも①打点が一緒というのが大きいのではないでしょうか。

両者とも、上からかぶせるように打つ必要があり、十分にシャトルの下に回り込む必要があります。

そこから、速くて伸びる球。初速が速くて一気に減速して落ちる球の打ち分けは重要な意味があります。

また、スマッシュとカットも、攻めのショットである点も大きいです。

攻めのショットであるために、打つ直前の相手の動作から両方とも攻めの意識を感じることになります。

スマッシュと予測したショットがカットであった場合、仮に返球できてもコースが甘くなることがあります。

そのため、カットはフォームを意識してスマッシュと近い動作で打てれば、単発できわどいコースを狙う必要がなくなります。

さて、スマッシュとカットの打ち分けとわかりづらさについてご理解いただけたと思います。

それでも、打ち分けについて意識しないとそれぞれ独自のフォームになってしまうので、ある程度は考えるようにしましょう。

それでは、クリアとドロップの打ち分けはどうでしょうか。

相手から見たときにショットの区別を意識的に分かりづらくする必要があります。

それは、ドロップの打点を少し後ろにずらす。

わざとテイクバックをクリアと同じように作ることが必要になります。

単にドロップを打つなら少し前の打点で打った方が体重移動に合わせてコントロールがしやすいです。

しかし、クリアの打点は状況にもよりますがどうしても後ろ、つまり身体の近くになります。

クリア自体がスマッシュやカットと比較して攻撃性の低い球種です。

もちろん使い方が上手だと相手を十分に追い込めます。

ハイクリアで相手を大きく後ろに動かす。

ドリブンクリアで素早く揺さぶる。

どちらかの球種と見せかけて落とす。

この3択があれば相手としても対応が難しくなることは間違いありません。

最後に改めてオーバーヘッドストロークのポイントを整理

  • スマッシュとカットはもともとスイング似ているためにせようと意識するだけで十分。
  • クリアとドロップはドロップの打点をクリアと近い位置に修正することと、クリアのテイクバックからラケットを止めて、ドロップに切り替えるようにする。

以上です。最後に補足ですがドロップのラケットを止めるというのは力ずくで腕を止めるのではなく、半身からの身体の軸回転を先に止めて同時に腕を失速させるという意味です。腕だけでコントロール難しいと思います。

スポンサーリンク

コメント