リアクションステップの探求。ジャンプは間違い。使用しないで上達可能か。

バドミントン技術

スポンサーリンク

バドミントンのゲーム中にリアクションステップ使用できていますか。
リアクションステップとはフットワークの動き出しに行う動作です。
何か特別な動作と言うより、ラリー中の何気ない時によく使用します。

バドミントンのリアクションステップとは何か。

それは、相手の返球に合わせてタイミング脱力して一瞬重心を落とし、反動を利用して初動を速くする事です。
初心者と中級者を見分ける一つの目安になるような技術ですね。
上級者になってくるとステップ自体がどんどん小さくなりステップというより軽く踏み込む程度の動作まで小さくなるので、一見リアクションステップをしていないようにも見えます。
また、リアクションステップとは小さくジャンプする事だという人が周りにいましたが、僕は間違っていると思います。
単純にジャンプをすると滞空時間が当然存在します。
仮に本当にジャンプしたらこの時間は致命的ですよね。
相手の返球の瞬間に足を軽く脱力して、足の動作をリセットすること、この瞬間地面から足が離れますが着地した瞬間に地面と反動がある。
この反動を活用して次の動作につなげる。この2つのメリットを活用した技術だと解釈しています。
この足が地面を離れる瞬間の状態をジャンプしていると勘違いしている人がいるのではないかと感じます。
また、高校生などで実際に小さくジャンプしている人がいますが、それによって速くなっているようには見えません。
タイミングを計る分には役立っているように感じますが速さという意味では違和感があります。
よってリアクションステップ=小さいジャンプではないという方向で進めていきます。小さいジャンプを知りたい方は他のサイトを探してみてください。

また、記事の最後はリアクションステップを必ず使わなければならないのかという視点でしめたいと思います。

スポンサーリンク

リアクションステップをすることによってバドミントンのプレーにどのような影響があるか。

それは、動き出しが早くなって今までギリギリ取れなかったシャトルが取れるようになります。
イメージとしてフットワークを「速くする」のではなく、フットワークの動き出しを「早くする」テクニックです。
フットワークを速くしようとするのは簡単な事じゃないですよね。日々のフットワーク練習によって徐々に速く動けるようになっていきます。しかし、このリアクションステップをマスターすることによってフットワーク速度が変わらなくても広い範囲を動き回れるようになるのです。バドミントンにおけるリアクションステップの大切さを理解して頂けたと思います。

リアクションステップが綺麗な名プレイヤー

奥原 希望

最強のスタミナと本当に綺麗なフットワークの持ち主です。ラリーによっては、これぞリアクションステップと言わんばかりにリズムよく動作をリセットして身体が切り替わります。

リー・チョンウェイ

フットワークの達人と言ったらこの人、リー・チョンウェイです。本当に軽くて同じ重力を受けているとは思えないです。リー・チョンウェイのリアクションステップは軽く踏み込むようなリアクションステップです。両足を一瞬ピッと開いて反動を作ります。

リアクションステップっていつやるの?

・バドミントンにおけるリアクションステップは基本的にシングルスで使用します。
相手が返球をする前の段階でリアクションステップをすることによって反動を作り、どのコースを打たれても初動を早くして対応できるように使用します。
また、逆に確信を持てていて速いタッチで相手を追い込もうとするときにも使用することがあります。
つまりシングルではほとんど使うという事ですね。

スポンサーリンク

シングルスの場面でリアクションステップをしない場合はどいうときか

ドライブの展開や動かなくても触って取れる範囲のシャトルやドリブンクリアを飛びつきで対応、レシーブなどです。
人によってはこのような時にリアクションステップをする人がいるかもしれません。
しかし、この状況だと必ず使うし、この状況は必ず使わないともいいきれないです。
この記事を作る際に改めて動画を観戦しましたが、人による部分もあります。

リアクションステップとダブルス

強引に使えばできると思いますが必要はないです。
ダブルスは展開が速いので、リアクションステップをする間が逆にありません。
リアクションステップは万能ではないのです。
特に、ダブルスの前衛は後衛の攻撃からの返球を先回りすることが前提なので、前衛が広く動き回るイメージは必要ありません。
強いて言うと、同利き同士のダブルスで後衛がフォアからストレートにサイドにスマッシュを打った際、バック奥に大きく返球された場合、前衛がラウンドで回りこんでさらに攻撃を継続する場合に使えますね。

スポンサーリンク

リアクションステップってどうやってやるの?

ようやく本題です。シングルスを強くなりたいのならばリアクションステップが必要な事がお分かりいただけたと思います。それでは、ポイントを説明します。
①両足を開く:フットワークの理想は半身になって動き出す事です。
横に重心を崩さなければいけないので、足は肩幅くらいかそれ以上に開きます。
逆に足幅が狭いとリアクションステップの反動が上方向に強くなってしまうのでロスが大きくなってしまい、あまり意味を持たなくなってしまいます。
②中腰:リアクションステップには2つの側面があります。
1つは地面との反動、もう2つは筋肉のリセットからの反動の活用です。
両足を開いても腰が高いと太ももの筋肉に必要なリセットが作れません。
中腰といってもガチガチにリキむと、意味がなくなってしまうので気をつけてください。
③素早い脱力:リアクションステップでは本当に一瞬の脱力で十分です。
大きく脱力してしまうと、その動作に時間を浪費してしまいます。
また、脱力して重心が少し落ちることになりますが、これによって頭がぶれるようではやはり動作として大きくて、無駄と言わざるを得ません。
④素早く踏み込む:これは、脱力より少し難しいと思います。
リアクションステップは重心の上下による1、地面との反動2、筋肉のリセットからの反動の活用が目的です。
この二つを満たせればジャンプなど必要はないのです。
具体的に、基本の中腰姿勢で一瞬力を抜いてさらに腰を落とせばいいです。
一度覚えてしまうと、一気に簡単に感じるようになります。

ラリー中のリアクションステップのタイミングは?

これについては一概には言えません。
基本は、相手のスイング動作と同時にするものという認識ですし、僕もそう思います。
少しニュアンスが曖昧なのは、相手が打ってからだと遅い論です。
僕はこれについては言い切れないと思います。
というのも僕は相手が打ってからリアクションステップをすることもあるからです。
僕のシングルスは超ラリー型です。
そのため、フットワークには自信があるのと同時に相手が打ってからリアクションステップをしても基本的に間に合います。
というか僕の考えだと、ネット前など、常に小さくフェイント入れて打つ相手の場合、こっちの動き出しのタイミングをずらされてしまいます。
リアクションステップをするとき、相手は必ずオーバーヘッドストロークをしているとは限りません。
相手のスイング動作に合わせてこっちが見切り発進する事が前提だとそれこそタイミングをずらされたらその都度動作の修正をしなければなりません。
そのため、フェイントを入れられたとき、相手が打つまで待ってそこから急発進するための技術だと感じます。
※最初にリアクションステップは速くではなく早くなる技術と言いましたが地面との反動をフルに使うために速くもなってます。
しかし、僕がリアクションステップをまったく知らない子に教える場合は相手のスイング動作に合わせて脱力して地面の反動を使うように指導します。
そのくらいの競技レベルの子の相手だと、当然フェイントを使ってこないためです。

バドミントンにおけるフットワークの極意

これは、リアクションステップに限った事ではないですが、素早い動作をするときは力まないことが常に大切になります。

仮にリアクションステップをしたとしても足が力んでいたら足元で作った反動を自分で殺してしまいます。

そのために、まず力を抜いていることが重要で、踏み込んだ反動を受けてそのまま次の動作に活用します。

ラリー中のリアクションステップのまとめ

1、まずは相手がスイング動作を始めたときにリアクションステップをできるようにする
2、自分の競技レベルが上がってきたら打たれてからで大丈夫!!(イーブンのラリー中の場合)

リアクションステップをやらない

リアクションステップをやらないのではなくてできない人が多いのではないでしょうか。

リアクッションステップを無理してやらなくていいよ。

という記事を作成しようと思ったのですが、需要がなさそうなのでリアクションステップの記事に追記しました。

実はフットワーク大きく2つに分類できると感じています。もちろん僕の主観で定義などありませんが、

  1. 細かい地面の反発を使ってステップを多用するスタイル
  2. 反発を使わないで効率よく最短で足を運ぶスタイル

どういう事かというと名称に内容を盛り込んだのでその通りなのですが、具体的な選手を例にだすと1、は奥原選手・リーチョンウェイ選手等フットワークが速い印象の選手です。

2、はリンダン選手・桃田選手など一見フットワークが速い印象ではないが不思議と確実に間に合っている印象の選手です。

リアクションステップを多用しているのは1、のステップを多用するスタイルですね。

見ているとほぼすべての動きにリアクションステップを挟んでいます。

これらの選手の試合を見ていると、やっぱり強い人にはリアクションステップは必須なんだと確信してしまいます。

そんな確信を得たところで桃田選手の試合を見るとほぼリアクションステップは使ってない。

まったく使っていないわけではないのですが、本当に加速しないと間に合わない瞬間だけリアクションステップを使います。それ以外はゆったりと動いています。

ここで問題なのが、なぜ、リアクションステップを使わずゆったりと動作しているのに、リアクションステップを使用したフットワークの速い選手と対等にラリーができるのかという点です。

桃田に関しては世界選手権優勝しましたので、実力は折り紙つきです。

リアクションステップ多用と要所のみの優劣は

見ている限りだと何気ないラリー展開だとリアクションステップ自体あまり意味がないのだと感じます。

リアクションステップで初動を加速しても打つ直前には丁寧に減速しています。

リアクションステップをしない選手は加速が少ない分、減速しなくてもちょうどよく間に合うので、無駄がないように感じます。

それでは、リアクションステップをしている選手は加速と減速を無駄に繰り返しているのかというと、リアクションステップ自体が地面の反動を活用した運動で強い筋力の消耗を必要としていません。

減速もゆったりとした減速で急停止ではないので消耗が少なさそうです。

また、リアクションステップが多い選手は姿勢が比較的高く、リアクションステップが少ない選手は姿勢が低く手を伸ばした時の守備範囲が広い様に感じます。

その点でも、自ら素早く動くのではなく、動きを減らして動作の無駄を減らしているように感じます。

結局、リアクションステップはやらなくていいのか

結論ですが、双方急激な加速を必要とする場面(飛びつきの守り・攻め)ではリアクションステップを確実に活用しています。

しかし、リアクションステップを多用することが上級者というわけではなく、あくまでもプレースタイルの問題であると推測します。

そのため、リアクションステップがまったくできない人は競技レベルの向上とともにいずれリアクションステップは習得する事は必要だと感じます。

しかし、その重要性というのは意外と低く、地面の反発を活用して動作を作ることが苦手と感じる人は無理に悩む必要はないということです。

リアクションステップができないことに悩むよりは、無駄のない最短で効率の良い足の運びとラケットワークを習得した方が競技レベルの向上という意味では効率がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント