ロブの徹底解析。飛ばない人の特徴。

バドミントン技術

スポンサーリンク

今回はロブについての記事を書きます。

初心者は最初上からのショットで苦労すると思いますが、その次に下からのショットが打てなくて再び苦労するのではないでしょうか。

何事も極論練習あるのみですが、早く上達できるように意識することをまとめていきたいと思います。

この記事は、バドミントンを始めてから数か月程度のほぼ打てないレベルを想定していきます。

スポンサーリンク

ロブ全体において注意する事

ロブのショットにはフォアとバックがあります。両方の打ち方に共通している注意事項をまとめます。この部分が基本となり、これができていないと両方の側から打てないことになりますので注意してください。

ランジの姿勢について

ランジの姿勢とは足を前後に大きく開いた姿勢です。バドミントンの場合は必ずラケットを持つ側の足を前にしてください。右利きならば右足ですね。

はじめて間もない生徒は反対の足を前にしてまるでサーブを打つようなフォームでフォア側のロブを打ったりします。

初心者としてはそちらの方が力を伝えやすいのかもしれませんが、それだとシャトルに対してだいぶ近づかなければいけないので広いコートを守りながら打つのは難しいですよね。

必ずランジの姿勢を作りましょう。

打った後の後ろ脚の考え方

ロブを打つ際に後ろに置いてきた足について考えていますか。ロブのショットを打ち終わり、戻るには必ずこの後ろの足に重心を戻すことになります。

このとき、この後ろ足の位置が動作の起点になります。どういう事かというと、ランジの姿勢は下半身に負荷がかかります。この前後の両足の幅が広ければ負荷は大きいです。負荷が大きいためにスイング動作中に後ろ足を前足に半歩分近づけたとすると、起点が半歩前に動いていることになるので戻るとき半歩分損しているという事になります。

そのため、僕は学生時代後ろの足を近づけるなと指導されてきました。現在ではそれは間違いだったと感じています。

なぜ、それが間違いと言えるのか、それは単純に必要以上に足に負荷がかかりすぎるのに対して成果に乏しいからです。世界のトッププレーヤーの動画がいくらでも見れる昨今改めて注視すると、余裕のある時は足を前に近づけませんが、苦しい姿勢でランジを作った後は、後ろの足が前に近づきます。実際に、その方が負荷が少ないし、戻りの速度に関しても差し支えがないのだろうと感じます。

ランジ前脚の膝の角度について

ランジの姿勢を作った時の前脚の膝の角度についてその昔は90度といわれてきたらしいです。僕が学生の頃には、その定説が否定され始めていたと認識しています。現在の正解は135度です。少し中途半端な気がしますが、90度+45度と考えるとその角度1.5倍になったと言えます。高校生を指導していて、最初からこの135度でランジを作れる生徒はほとんどいません。脚力の問題というよりはそのような姿勢を日常的に作らないので感覚がわからないというのが正しいと思います。

さて、この足の角度ですが何も指導しなければ90度くらいに足を置いてしまう方が多いと思われます。何が問題で、なぜ135度にしなければならないのでしょうか。実際にご自分で90度の脚と135度の脚を作ってみればわかるかもしれません。まず一つ言えることは打点という意味での前へのリーチの差はないという事です。135度の方が足を大きく前に出しているのでその分、手が前に出そうな感じがします。足に関しては靴1足分前に出ています。

それでも手の位置があまり変わらないのは重心の位置によるものです。膝が90度になるように足を出した場合は脚自体はそこまで前に出ていないのですが、重心が前の足に自然とがっつり乗っかります。その分上体が前に傾き手が前に出せます。対して、膝の角度が135度の方は脚こそ前に出ているものの重心が前後の足の概ね中央にあるので90度の時と比較して思いのほか手が出ません。結果、届く範囲は概ね一緒と言えるわけです。

そのうえで、足を遠くに出す理由は重心の位置にあります。脚が90度で前に重心があると打点がどうしても下がり気味になってしまいますし。身体の近くでしかシャトルを触れません。そうすると、実践ではヘアピンとフォームが違ってしまいます。相手にショットを読まれやすいのは致命的になってしまいます。

フォアのロブについての考察

僕はロブに関して言うと絶対この打ち方でなければ、絶対にうまくなれないというような正確な答えはないと思っています。

僕自身、状況や姿勢、打ちたいコースによって多少、打ち方というか力のかけ方が違う気がします。

その中でも、この打ち方は良くないと特に感じる打ち方があります。

間違ったフォームとは

スポンサーリンク

腕を伸ばしっぱなしでボーリングのようにして打つ

間違った打ち方です。ランジ姿勢はできているのですが、まるで重たいボーリングの球を持っているように下から大きく振り上げます。この打ち方だとラケットの面が後ろからずっと出っぱなしなので、ラケットとスイングの様子が相手から丸見えでコースがばれてしまうし、力を集中するインパクトのポイントもぼやけてしまいます。結果的に飛距離も伸びません。

手首の前屈で打ってしまう

手首の前屈運動とは、手先で顔を仰ぐような動作です。この打ち方は遠くへ飛ばないばかりでなく、腱鞘炎の原因のにもなってしまうので気をつけてください。

理想はリストスタンドと言って、手首がガッツポーズのような形で握っているのが理想的です。

もちろん、力みすぎはよくないですのでご注意ください。

自分の正面のシャトルもフォアで打ってしまう

フォアの範囲は右利きなら腕から右サイドになります。たまに身体の正面もフォアで打ってしまう人がいますがこの範囲はバックハンドになりますので気をつけてください。

振り払うようにして打つ

初心者で下からラケットが出ない人に多いのですが、まるでドライブのように振り払ってしまう人がいます。ロブの形は下からラケットを出すショットです。また、この打ち方だとクロスに行ってしまうので相手に返球を読まれやすくなってしまいます。

フォロースルーが真上にいってしまう

フォロースルーとは、打ち終わった後のラケットの動きになります。打ち終わりの後の動きなので直接ショットには影響がないと思われますが、終わりの動作を意識するとスイング全体の動きをイメージしやすいので重要です。

スポンサーリンク

フォア側のロブの動きのフォロースルーは左肩に向けて動かすのが理想です。たまに間違った動きとして真上に振り上げる人がいますのでフォロースルーを意識してみましょう。

フォアのロブで意識する事

なるべく意識すると綺麗に打てるコツのようなものです。参考にしてしみてください。

少し回内を使う

指導していて、回内で打つと言い切ってしまうと、それこそ正確に回内をしてしまいます。

きっちりリストスタンドをして完全の回内をしてしまうと逆にリストが窮屈になり、うまく打てません。

ロブに完全な模範解答はないと思って、ある程度回内を使う程度に考えていた方が自然なフォームなっていきます。

多少、リストスタンドが崩れても問題ないと考えてください。

引き込むようにして打つ

これは、絶対というわけではないのですが、人の身体は押し出す力より引き込む力の方が大きな筋肉や神経が多い特徴があります。そのため、スイングはラケットを外側に出して中に引き込む方が動作が安定します。

フォロースルーを左肩にめがけて動作をすると、自然とラケットを引き込むような形のフォームになります。

引き込むようにしてフォア側のロブを打つと、もう一つメリットがあります。

自然とインパクトの直前に面が返りますので、押し出すような打ち方よりコースが読みづらくなるという側面もあります。

しかし、必ず、上記のコツにこだわる必要もなく、コースは読まれてもとにかくタッチを速くする必要があるときなどは、まるでプッシュのように前に飛び込みながら押し出すようにしてロブを打つこともありますので、初心者にとっての基本という認識で、レベルに応じてフォームを臨機応変に崩すことも必要だと感じます。

ヘアピンの形からすくい上げるようにして打つ

実践でよく使う形だと思います。ロブというと足元から振り上げるような記載が他のサイトでも多く見受けられます。しかし、実際は下から打ち上げるようなロブは打点としては完全に遅れていてもっと高い位置で触る事を理想とします。

なるべく高い位置でヘアピンを打つような形でランジ姿勢を作り、小さいテイクバックからラケットの面を正面に向けてすくい上げようにして打つと相手を追い込むようなロブを打てるようになります。

バックのロブの考察

自分の感覚の話になってしまうのですが、ロブに関してフォアよりもバックの方がコントロールがしやすいと思います。

しかし、初心者を見てると明らかにバックのロブの方がフォアより苦戦しています。

理由は、バック側に腕を振るうような動作は日常の中で使用する場面がほとんどないため、神経のつながりが小さく不器用である事が原因です。

しかし、日々の練習でバック側の動作に慣れてきた状態でフォア側と比較すると、バック側のロブの方がむしろ打ちやすいことに気が付くようになります。

その理由は、可動域にあります。

フォア側に腕を振るう動作は広い範囲に自由な可動域があります。反対のバック側はフォア側と比較したときに可動域という意味では制限があります。

この制限のある可動域が余計な動作を減らし結果的にラケットワークとしてコントロールしやすいと感じるようになるのです。

そのため、ロブのバック側に関して言うと競技者のレベルに応じて難易度はかわります。

初心者は難しい、競技レベルが上がるにつれむしろ使いやすくなります。

バックのロブを上達するために注意する事

バックのロブを打つ前に先に足をつけよう

フォア側と比較したとき、バックのロブを打つときにランジの姿勢で出す足を右左間違えることはないと思います。

しかし、足で注意しなければならないのがスイングの前にしっかりランジの姿勢をしっかり作っておくことです。

注意の仕方はスイングの時にちゃんと利き足(右利きなら右足)が地面に足が設置しているか確認します。

これができていないと、多くの問題ができてしまいます。

利き足が着地できていないと力が作れない

利き足が着地できていないと踏ん張ることができません。踏ん張れないと当然力が作れません。

強引に腕を振ったところでその力加減のをコントロールできません。

正確にコントロールできない

これも踏ん張れないことが原因ですが、打つ前に体を止められないと重心が流れている状態で打たなければいけないことになります。

決定的なチャンスでとりあえず触って奥に押し込めばいい状態ならいいのですが、何気ないラリーの1シーンでは下から打つシャトルな正確なコントロールがとにかく大事です。

テイクバック動作に手関節を前屈させない

テイクバック動作とは、打つ前の引き動作です。バック側へのスイングのテイクバックは当然フォア側への動作になります。

フォア側へ動かすとき手関節の屈曲ではなく前腕からの回内を使用しましょう。

これは、フォアのスイングの時も同様に言える事ですが、手関節の前屈と背屈を使ってはいけません。

もし、テイクバック時に手関節の屈曲してしまうと、流れでバックのスイングは背屈動作になってしまいます。

すると、力のロスがおこり気持ちは力一杯振り切っているのにしっかり飛ばない。力みの中でスイングがいい加減になりコントロールも悪くなりますので、何も良いことがありません。

必ず、回内・回外でスイングをするようにしましょう。

クロスのロブを打つ時に小指に体重が乗らないように注意する

バックハンドでクロスのロブを打つ時、小指側に重心が乗りやすくなります。

例えば、右利きだとバックハンドでクロスのロブを打つとランジの姿勢でスイングをしながら右側に重心が崩れる傾向があります。

前に出している右足でしっかり安定させる必要がありますが、小指に重心が乗ってしまうと小指では踏ん張れないために身体が不安定になってしまいます。

身体が不安定になるとコントロールが急激に悪くなってしまいます。

コントロールや踏ん張りをしっかりさせるために、ランジの姿勢をとったとき利き足への体重は親指側へ流すようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント