シングルで相手を崩す方法論バドミントン

シングルス戦術

スポンサーリンク

今回は、シングルスでいかにして相手を崩すかを考えてみたいと思います。競技を始めたばかりの選手は同提度のレベル同士で対戦する時、相手のスマッシュを安定してレシーブができないために「攻めるが勝ち」という戦術に偏ると思います。しかし、ある程度レシーブ力が身についてくるとそう簡単にはいきません。シングルスの場合は相手のスマッシュを触って前に落とすだけでも効果的なコースづくりとなります。それは、スマッシュを打つ状況というのを考えると自然とわかるかと思います。自分がスマッシュを打つ状況は、基本的に相手がロブやクリアを上げたときです。つまり、うしろにいるわけですね。後ろでスマッシュを打った直後に前に落とされたシャトルを拾いに行くとスマッシュで体力を使い、ネット際までのフットワークで体力を2重で使う事になります。さらに、その効果的なレシーブのコースづくりがレシーブ側の立場からすると難易度が高くない点があります。単純にラケットを出して触るだけだからです。これによって、シングルスでは攻めたくても安易にスマッシュで攻撃すると前後に揺さぶられる。かといってラリー力で相手に勝てない場合はやはり攻めるしかない。こんな状況の時にスマッシュで決めるには、、、と切実に考えるのではないでしょうか。

さて、ラリー戦を抜け出したいあなたは攻めのシングルスを選択しました。攻めのシングルスの方法は2つあります。1つ目は相手が対応できなくなるまで攻め続ける。2つ目は多少ラリーに付き合って相手より早い段階で確実に攻める方法です。2つの方法の違いは攻撃のタイミングを見極めるという点だと思います。1つ目の攻撃し続ける戦術はラリーのセオリーを無視して奇襲的に攻めるのが効果的だと考えられます。しかし、毎回成功するわけではなくどうしても無駄打ちが増え莫大に体力を消耗する事になります。対して、多少ラリーをする方はただラリーをするのではなくスマッシュなどの攻撃が効果的に決まるように相手を確実に崩してからトドメを刺すような形でスマッシュを打つことだと思います。これだと、攻撃的な攻めのために使う体力は一瞬で済みます。しかし、この崩すことがなかなか難しく頭を悩ませているのではないでしょうか。微力ながら、一緒に考えてみたいと思います。

シングルスで相手を崩すとはどういう事か

相手が崩れている状態というのは基本的な構えをとることができない状況という事が考えられます。簡単に言うと、こちらのショットに対して対応が遅れているが何とか返球してくる状況です。余裕がない状態でスイングをするとスイングの形から概ね相手のコースが予測できます。これによってこちらは決めの攻撃に転ずるようになります。相手を崩す状況を考えたときに方法が2つあるように思います。1つ目はフェイントや素早いタッチで1打で崩す方法とラリーの中で徐々に追い込む方法です。

相手を1打で崩すにはどのようにすればいいか

相手を1打で崩すタイミングはサーブやサーブのリターン時だと思います。ラリーが始まってしまえばこちらのショットは動きの中である程度ショットが限られてしまうのでそう簡単に崩すことができません。しかし、ラリーの始まり部分は流れとセオリーの影響が比較的少ないので意識的に多くのパターンを用意して積極的に相手を崩す球回しが可能です。

相手をサーブで崩す

これは、ゲーム全般に言える事ですが、サーブをしっかり入れる事のみとらわれて淡々と同じサーブを打ち続けてはいないでしょうか。あまりにも同じコース同じ加減のサーブを打ち続けていると逆に相手にサーブのリターンで崩されることがあります。サーブ打つ過程は試合中で唯一完全に自分の範囲で完結できます。練習の空いてる時間など少ない中でいくらでも練習できる事なので、たくさん練習をしましょう

シングルスで相手を崩す具体的な考え方【フォアサーブ】

フォアサーブの特徴はロングサーブを打ちやすい点にあると思います。その反面バックサーブと比較したときにラケットの動きが相手からしっかり見えるのでコースを予測されやすいことがあげられます。初心者の場合だと低くて鋭いロングサーブを打つだけで簡単に相手を崩すことができますし、返球が甘くなりがちです。そのため、始めたばかりの時は低くて鋭いロングサーブを打った者勝ちになってしまうかもしれません。フォアサーブはロングサーブを打ちやすいもののショートサーブを細かくコントロールすることがバックサーブに比べ難しくなります。そのため、フォアサーブの場合は低くて鋭いロングサーブと確実に相手コースに入れるようなショートサーブを組み合わせるといいように思います。すると、相手は鋭いロングサーブを警戒して意識が後にあるとショートサーブがそこそこの精度でも相手を崩すことができるかもしれません。また、ロングサーブでも高さを工夫しましょう低いロングサーブの対応は、ダブルスのサーブのバックラインより前でとることができますが、大きく高さを出したロングサーブはシングルスのバックラインまで下がらないと取ることができません。この時に注目するのはフットワークの違いです。多くの選手は低い鋭いサーブを受ける時と大きなロングサーブを受ける時で無意識にフットワークのリズムや足幅が違うものです。そのため、同じロングサーブでも動き出しの段階で相手をかく乱させることができればリズムが狂い相手を崩すことができるかもしれません。ここで、最も重要な事はこちらのサーブのフォームなどでコースを予測させない事です。例えば、低い軌道のサーブを打つ時は前に打点を合わせがちで、大きく打つ時は下から大振りしやすいです。僕は、あまりシングルスをするときフォアでサーブを打つことはほとんどないですが、相手がショートサーブの対応がよく、フォアサーブを組み合わせて試合運びをしたいときは、なるべくフォームでコースを予測されないように、ショートサーブのようにゆっくりスイングしながらシャトルを打つ瞬間にリストを返して鋭いロングサーブを打って相手を崩したり、大きなロングサーブを打つようなフォームで打点を下気味にして、スイング動作中にあたかもロングサーブの軌道を追うかの用に軽く見上げながらショートサーブを打つなどで工夫しています。ただ、正直なところ男子はダブルスでもシングルスでもバックサーブが主なのでミスする事があります。そのため、考え方として余裕がありながらリズムや流れを固定しないように気まぐれに不規則打つ程度に僕の場合は考えています。しかし、シングルスは長いラリーでようやく得点するより、サーブの工夫でたくさん得点できた方が、ラリーそのものでも余裕ができむやみに攻めず、それこそ崩す作業に集中できます。男子はバックサーブがメインでありながらフォアサーブが上手な選手と稀に対戦すると、とてもやりずらさを感じます。しっかり練習する価値はあると思います。また、女子で多いのが常に安定して同じようなサーブを打つ傾向が強いと感じます。積極的にサーブのコースやリズム、打ち方を1つのセットやゲームの中で変えてみるといいのではないでしょうか。

シングルスで相手を崩す具体的な考え方【バックサーブ】

バックサーブは、フォアサーブと比較したときロングサーブを苦なく打てる人にとってコースづくりがしやすい打ち方といえます。しかし、コースづくりは身体の向きごと変えるのが一般的で手元でインパクトの瞬間だけラケットの向きを変える事は不可能ではありませんが無理があるように感じます。そのためセンター寄りのサーブなのかサイド寄りへサーブを打つのかいち早く相手に予測されやすい側面があります。左右が予測されやすい反面、前後に関してはショートサーブは押し出すようにして打つだけ、ロングサーブはそこから弾くようにすることで打てるます。バックサーブが慣れていない人はむやみに身体が大きく動いてしまったり、大きくテイクバック(ラケットを引く動作)を作ってしまいがちです。トッププレイヤー基本的にバックサーブが主流ですが、それはレベルがある程度高くなると初球からスマッシュを打たれ、そこから始まるラリー展開が思わしくないためです。そのため、基本的にショートサーブを打たざるをえない、ショートサーブを打つのならよりミスなく正確に打てるのはフォアサーブよりバックサーブとなります。バックサーブで相手を崩すにはテイクバックが小さいことを活かしてドライブ気味に打つか鋭いロングサーブを打つのが効果的だと思います。しかし、バックサーブで打つことが無難な相手にむやみにロングを打つと素早く回り込んでスマッシュなどで攻撃されてしまいます。可能であれば高めのロングサーブをバックサーブで打ってみてもいいと思います。バックサーブは鋭いサーブを打てる反面、高く打とうと思っても軌道が低くなりがちです。そのためバックのロングサーブになれている相手は飛びつくようにして動き出す傾向があります。それで崩れるかは人によると思いますが、高く打ち上げて浅くならないのであれば高いロングサーブを混ぜてもいいかもしれません。最後に、左右の打つわけに関して相手に予測されづらく打ち分ける方法を紹介します。バックサーブは正面に押し出すようにして打つ人が多いと思いますが、回外を使って前腕を回せば利き手側にコースを変えることができます。右利きなら右側ですね。例えば、右からサーブを打つ時は堂々とサイドを向き構えます。インパクトの瞬間に手元で回外してシャトルを弾くとセンターにシャトルが飛んでいきます。相手は想定の反対方向にシャトルが打たれるので初見なら崩れてくれる人が多いです。この打ち方は右利きの場合、左から打つ時はサイドに打つようになるのですが、サイドコースは加減でアウトしやすいので難易度が上がります。

スポンサーリンク

相手をサーブリターンで崩す

サーブのリターンは相手のショットがある程度限られているタイミングなので崩しやすい場面といえます。しかし、相手がロングサーブを打ってくる場合は、サーブリターンというよりもラリー中にロングを打たれたと考えた方が自然なのでこの見出しでは割愛してショートサーブのリターン限って考えてみたいます。

ショートサーブで相手を崩す基本は何といっても前で触るという事です。相手のサーブが甘く浮いていない限りはどうしてもこちらはネットよりも下でシャトルをとることになってしまいます。その時に相手が想定するのはロブとヘアピンの2択になります。前後の2択と左右のコースがあるので、攻められない部分を補うには4カ所を素早く攻めることが相手を崩すポイントになります。そこで重要なのが、なるべく自分が打ちたいコースを読まれないようにする事です。よくあるのがロブを打つ時にラケットを大きく下から出してしっかりテイクバックをしてしまうと、相手にロブを予測されてしまいます。そのため、なるべくヘアピンを打つような感じでラケットをまっすぐ前に出してコンパクトにロブを打てるようになることが必要です。この時のロブは、攻めのロブと考えたらしっかり奥に高く打つ必要はないので低く鋭く打ちましょう。この時に重要なのは姿勢です。あまり前かがみでシャトルに飛び込むとヘアピン感がまったくなくなってしまいます。低い軌道のロブは相手がセンター位置で手だけ伸ばしてこちらの後ろに打たれると前のめりで飛び込んだ矢先に後ろに振られることになります。追い手には限界までヘアピンを想定してもらわないといけません。シングルスは全て一人でシャトルを追わなければならないので崩す目的で鋭く打ったシャトルが予測されて早いタッチでコースづくりをされてしまうと逆に崩される原因になります。ショートサーブを受けた時はのんびりとした受けをするとラリー状況が不利のまま押されてしまうので初球から積極的に精度を意識するにしましょう。また、小柄の選手の場合は、ラケットを立てた状態でショートサーブを受けるつもりでいてもいいと思います。以前対戦した選手で、ラケットを立てた状態で姿勢よく飛び込んできてプッシュの形低いロブの軌道を打ったり、そのまま身体を止めてネット前に打ってきたりと対応が難しかったことがあります。また他の選手で、ゆったりと踏み出して、完全に下からすくい上げるようにして打つのですが、打つ直前に1度完全に身体とラケットが止まりそこから4点に打ち分けるので予測がとても難しい選手と出会ったこともあります。ともあれ、ショートサーブの対応は積極的に攻めることができない反面、崩す工夫をいくらでもできると感じます。

シングルスのラリーで相手を崩すパターンを考える

これまでの内容は、サーブに関わる部分での相手の崩し方でした。ここからは無難にラリーが始まった状態からどのようにして相手を崩すのか考えていきたいと思います。この見出し部分では競技レベルやショットの得意不得意でこの記事の内容にそぐわない場合がどうしてもあると思います。万人向けの記事を心がけすぎると当たり障りのない内容になってしまいます。ある程度競技レベルが高い人はわざわざwebで見ず知らずの人の意見をわざわざ参考にしないと思いますので、学生なら地方予選や県大会レベルを想定していきたいと思います。

得意なショットで積極的に崩す

これを言い出したら当たり前なので身も蓋もないのですが、一応戦術として触れておきます。得意なショットの使い方として気を付けたいのはゲームの立ち上がりから安易に多用しないことが大切だと思います。シングルスの試合は対戦相手の球筋をお互いに繰り返すので、当然双方に慣れが生まれています。自分のタイミングでラリーを切りたい時や、どうしても1点が欲しい時など得意なショットは可能な限り温存しておく必要があると思います。ただ、実力差があったり小学生の試合などは深く考えすぎて温存の必要はないように思います。シングルスはコースづくりのパターンをたくさん持てている方が有利です。ファイナルゲームで接戦になった時急に相手が今まで使わなかったショットを中心にラリー展開を始めたら次の展開が急に読みづらくなります。得意なショットでの崩し方も工夫してみましょう。

あえて1カ所だけ使わない

これは簡単で使いやすいので参考にしてみてください。例えば、相手のラウンド側を1カ所使わないと決めます。その他は通常通りなるべくまんべんなく配球します。ラリーの中で自分の方に攻めの余裕があるときに低めに鋭くドリブンクリアを打つとそれまでのラリー展開から大きく変わるので崩せるきっかけになります。単純にフォア前:バック前:フォア奥:バック奥=3:3:3:1のようなイメージです。実際はこんなに厳密に考える必要はありませんが、戦術として使いやすいです。これならセット間で配球を変えてもいいので相手からしみれば多少パターンが変わったような印象を受けさせるかもしれません。ちなみに配球の比率は相手の能力を考慮して考えた方がいいと考えます。相手をよく知らない試合前に決めるのではなく1セット目の11点くらいまではまんべんなく配球してそこからパターンを考えても遅くはないと思います。また、なるべく使わない1カ所を相手の弱いコースにする必要はないので、やり方に振り回されるだけではなくしっかり相手を見極めて実行しましょう。

相手のクロスショットを予測して早いタッチを心掛けて崩す

ある程度レベルが高くなると同じフォームから鋭くストレートとクロスを打ち分けてくるので上手にいかない場合もあるかもしれませんが、多くの選手はクロスのフォームとストレートのフォームに多少の違いがあります。例えば「この相手はラウンドからクロスカットを打つ時に身体が開くクセがあるな」とポイントを絞って相手が打つタイミングで限界まで早いタイミングでネット前や低いロブなどで相手を崩してみましょう。そのショットが相手の得意ショットであればなおいいです。相手からしてみれば得意なショットを打っているのだから本来なら崩れてくれると思っていたのにも関わらず逆に自分が崩されると配球にたいする自信が崩れる可能性があります。

フォア奥に球を集めて崩す

初心者のうちはバック側が弱い傾向にあるのでバック奥を狙いがちです。しかし、相手がしっかりバック奥に回り込めたりハイバックで打ち分けられるようになると、フォア奥から打たせた方がラクになります。それは、フォア奥は相手のテイクバックの状態がしっかり確認できるからです。そのため、次のショットを予測しやすくなります。ただ、フォア奥からコンパクトに鋭いカットや各種クリアを打てるような相手だとこの限りではないので、これも相手のレベルを見て作戦を練る必要があります。

レシーブから崩す

シングルスは受けと攻めのバランスが重要です。レシーブの時も完全に守りの意識だけだと相手がミスをするまでただラリーを付き合う我慢比べになってしまいます。それが得意ならそれでいいのですが、できれば積極的に得点をしたいものです。そのため、レシーブをとる事だけ考えて受けるのではなく、相手のスマッシュの傾向やパターンを予測してネット前でもクロスに返球してみるといいです。その時重要なのは、ラケットを横に寝かせてスイングをするとしっかりコントロールが難しくなります。なるべくしっかり足を出して手首がリストスタンドの状態でシャトルを触れるようにしましょう。この時、出した足の方向に自分から身体を崩してしまうと、せっかくいい返球をしても自分の復帰に時間がかかり、相手が崩れながら返球したシャトルに自分も追いつけなくなってしまいます。仕掛けるなら丁寧に素早く効果的に狙いましょう。

また、ネット前にいい返球ができると相手は当然前を意識します。それに対してロングのコースで返球ができるとさらに相手を崩すパターンが増えていきます。シングルスのレシーブは身体から遠いところで打つことが多いので、ロングで返球するのが難しいと感じる人が多いと思いますが、姿勢を低くして大振りせずしっかりリストスタンドをつくれていれば案外簡単に飛ばせます。さすがに小学生ではそうもいかないと思いますが、シャトルを飛ばすコツは身体のロスを無くす事と身体が崩れていないことが重要です。レシーブで一番力がロスしやすい部分は手首と肩関節です。そのため、リストスタンドで手首を固定しましょう。大振りすると自発的に力を入れているのですが、それ以上にロスしてしまうのでなるべくスイングはコンパクトを心がけましょう。相手のスマッシュの反動で本来はある程度飛ばす力があるのでそれをしっかり有効活用できるような意識が上達のコツだと感じます。

以上になります。サーブからの展開で相手を崩す方法や、ラリー展開、レシーブ展開で持論を述べさせていただきました。すべての人にたいして有用な情報でないことは十分承知しております。参考になる部分のみ抜粋して活用していただければ幸いです。ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント